スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋するイカレポンチ

080624_1018~01


というタイトルの漫画を、
下書きもろくにせず、初めてペンと墨汁で描き
ヤングマガジンのGAG大賞に嫌がらせで送ったのが10年前。

それがうっかり大賞をとってしまい賞金80万円、そのまま掲載デビュー
…というのが、ウヒョの人生が狂ったすべてであり。

気がついたら、ろくに遊びもせず、毎日机にしがみつく生活がずっと。
カラオケなんか、この10年で2回しか行ってない。
こんだけがんばって描いても、まったくお金なんぞ貯まっておらず
たまるのはストレスと、おなかの脂肪だけ。


ぬあああああああああああああああああああーっ!
梅雨うざっ!
原稿用紙ジメジメしめりすぎ!
梅雨のない北海道に帰りたい!
いや! 
帰りたくない!
寒いですからぁああああああああああああああああーっ!!!!!
大嫌いなワラジムシが大量にいますからぁああああああああああああーーーーーっ!!!!!


つーわけで、めずらしく天気がすこぶる良かったので
仕事を半日休み、ムスメと散歩することに。
かなり久しぶり。
別居?
そんなもん、夕飯の献立が「豚しょうが焼き」とわかった瞬間に終わる。


内地って(内地:北海道人は本州をこう呼ぶ)
ワラジムシは少ないけど、そのかわりダンゴムシが大量にいるのね。

ムスメの背丈の視点で地面ながめてたら、そのことに気がついた。
本気であのフォルムの虫は苦手なので、勘弁して欲しい。
ムスメが興味深くダンゴムシを眺めているのが、かなり心配。
そのうちバケツにいっぱい集めて、自宅まで持ってくるのではないか?

「おとーちゃん、おみやげー」なんてほざきやがって
チテチテ走ってきて、ウヒョの目の前ですっころび
大量のダンゴムシを、親父の頭にぶちまけたりしないだろうか?

はじめて我が子を叩くかもしれない…

早いうちに
「このダンゴムシって生き物は、触ると濃硫酸を吐き出し、噛まれるとヤギになる」
とウソを教えておかねばならない。

タイへ取材に行った時
2センチくらいの巨大なダンゴムシ、しかもタミヤの銀メタ塗ったようなヤツ見たけど
地獄か、あの国は。
スポンサーサイト

やさぐれ別居マラソン

080623_1431~01


地震災害対策に買ったリッツ保存缶である。
でけえ。

リッツが5袋入っていて、フタを開けないかぎり5年もつそうだ。
なぜフタが開いてるかって言えば
そりゃもちろん、おなかがすいたから。

ところで

ウヒョは今、嫁とケンカして別居中である。
仕事場と自宅、二つ部屋を借りているので
いつでも気軽に別居できるのが、冷えきった夫婦にはとても便利なところ。

年に何度か中間・期末テストのごとく別居するのだが、
いつも1日で終わってしまうので、今度は頑張ろうと思っています。

今度こそフルマラソンだ。 短距離じゃ終わらせねえ。
ストだ。ストリーキングだ。裸でホノルル珍道中だ。

つか、電話でケンカしている最中に
電話口にムスメを出すのは反則だと思うのですよ。

電話の向こうから急に
「おとーちゃー! いひぃーでしっでしっ!」ってムスメが話しかけてきたら
こっちも父親として
「はぷっはぷっ! んじゃほれ! んじゃほれ!  おにょにょーっ!」
って返すじゃないですか。

ええ。
返すじゃないですか。

そこからまた電話が嫁に替わった後に
「てめこのやろう! 一度でもお隣さんへ米借りに行かせたことあるか! べらぼうめ!」
のテンションに戻すのは、そりゃ難しいってもんですよ。
映画「ビーチ」のディカプリオが、仲間達の元に戻るくらい難しいですよ。

ムスメ電話口禁止条例発足。

今日、とある漫画の最終回を読んだ。
自分が一児の父親になったせいか、なんか妙に良かったな。
子供がいるかいないかで、読んで感じ方が違うラストのような気がする。


とにかく、リッツを食べて別居マラソンをがんばるのじゃ。

ぬあああああ。
イライラするッ!
今テレビでやってる、アナパラのグダグダ女子アナ全員にッ…

いや、なんでもない。

ああ
ベランダにカブトムシがいない。

母さん、僕のあのカブトムシ、どうしたんでせうね?
ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、 谷底へ落としたあのカブトムシですよ。
インディー・ジョーンズでムシャムシャ食っていた、あのカブトムシですよ。







男は大きな傘になれ

080621_1505~02


今朝、雑草を見てみると
たった一夜でまたモッサリ大きく育ってやがる。
さらにカブトムシまで流木にとまっており
カオスすぎて、もう何も言葉が見つからない。

雨が降ってきた。

雨に濡れてはビートル冷たかろうて、
昔ヘルプにきたアシさんが
「怖くて家におきたくない」という理由でうちに持って来た
ジュンジ・イナガワのDVDを傘にする。

080621_1728~01


犬夜叉が最終回っていうので
今まで一度も読んだことないのに、アシさんに今話題のサンデーを買って来てもらった。

ああ、藤田和日郎先生、新連載が始まっていたのか。
そういや先日、中学の頃の同級生から
「漫画家になっていたんだ、知らなかった」という内容のメールがきていて
ふと

「あ、そういやウヒョ、藤田先生と同じ中学校出身だったんだ…」
ということを思い出した。

きっと母校では

「どうやら、うちの中学出身の漫画家がいるらしいぜ」
「ああジュビロ先生だろ?」
「ええええええーッ! マジ?」
「すげえすげえ!」

という話題が、年に1回は童貞連中の間でささやかれるのであろう。
そして話はそこで終わり
ウヒョの名前は1つも出ることなく、みんなで神居古潭へと
白面の者のカケラを見物に、サイクリングにチリンチリン向かうのだろう。

まあいいさ。

で、
まだ犬夜叉は読んでいない。
新連載は読んだ。かっこいい絵だった。

増毛ペット・セメタリー

080620_0730~01


死んだ金魚を埋めたプランターから、なにやら雑草が生えてきた。
風で種が運ばれてきたのかしら。あら可愛いらしい。うふふふふ。

なーんて立てヒジたてて、花の子ルンルンよろしく、遅れた5月病気分で観察してたら
これがまた伸びる勢いがすんげえのなんの。
10日前には生えてなかったのに、存在を確認したとたんにこの有り様。
アンブレラ社で開発されたバイオ兵器か。

どうやら名はエノコログサらしい。
放任主義で男らしく育てようと思います。

UMAがくる

080608_2352~01


指人形である。

うちの嫁さんが、地元のお祭りの露店で買ってきた。
こんなものをついつい買った理由は、おそらく
「季節の変わり目だから」 もしくは 「育児疲れ」
の、どちらかだと思うが、それよりともかく

……コレ、なんて生き物?

顔はネコ。
でも羽がはえている。
UMAだ。
ペルーとアルゼンチンの国境あたりで発見されそうだ。

とにかく怖いので、今年のお盆にでも
精霊流しで涅槃に帰ってもらおうと思っております。


らいでんの第4話もあがったばかりで、
つかぬまリラックスした気分で、ムスメとNHK教育の
「やさいのようせい」というアニメを鑑賞。

ちっちゃい野菜の妖精がキッチンを走り回る
可愛らしくメルヘンチックな作品なんだけど…

ただ、原画が天野喜孝さんなので
ムスメはニコニコ牧歌的な雰囲気楽しんでいるが
お父ちゃん世代は、どうしてもファイナルファンタジーの
メーガス3姉妹を思い出すので
今にもメキャベツくんとガーリックくんとレタスちゃんが
デルタアタックを唱えてきそうで、どこか怖くてたまらないのだよ。

観ていて、知らずに体から白い数字がポロポロこぼれていそうで。


怖いといえば。

最近なにかと漫画業界が騒がしいですが
漫画家としての最近の悩みが

「シャープの芯がなくなるたびに、アシさんに1本恵んでくださいと言い続けて
 さすがにそれを6回も続けるときまずい」

であるウヒョにとっては、なにやら天界のお話のようで…。
ていうか、いい加減シャープの芯を買えよオレ。
なぜ先日、封筒とセロテープを買ったついでに買わない。
脳みそがウドン玉か。ニワトリか。チキン・ジョージか。パパブッシュか。


ウヒョみたいにあちこちの出版社で仕事していると
漫画家さんの愚痴、編集さんの愚痴
両方たんまり耳に入ってくるものですが。
どれもこれも泣ける話ばっかりで。

今のとこ、6:4で編集さんの方がせつないというか、きっつい話が多いかなあ…。
漫画家は編集のために誰かへ土下座するなんてことはないけど、逆はあるもんね。
会社人だから、たまったストレスを外へ吐き出すこともなかなかできないし。

新人時代、編集さんから言われた
「漫画家は辛い仕事だけど、嫌いな人間とは仕事しなくていいから、そこは幸せなんだよ。」
という言葉が今は少しわかるかなあ。
あの頃は、そんなわけないじゃんと思ったけど。

いざとなったら、プライドだけは守れるもんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。