スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉じゃ肉じゃ

HI350235-0001.jpg


なじみの韓国料理屋にて、焼き肉を久しぶりに喰らう。
1年ぶりかしら?

子供が小さいうちは、火が危ないこともあり我慢してたんだけど
今やムスメも2歳、さすがに火が熱いってことがわかるようになったんで
うれしなつかしの焼肉解禁でございます。

子供連れで他のお客さんの迷惑にならないように
奥の座敷に通してもらっているんだけど
お店のご家族が普段、居間としても使っているスペースなので
絵本が散らばってたり、服が脱ぎ散らかしてあったりで
これがまた落ち着く、気持ちのいい空間でありまして。

ムスメが床にゴロゴロ寝転がり
嫁がオバちゃんと韓国ローカル談義などをしているのを横目に
好物のギアラを焼き焼きつまみつつ、ぼんやり居間のテレビを眺める夕べ。
レバ刺あいかわらず、うまし。


ダイエット中なんだけどなあー。

スポンサーサイト

グルグル1周半

090129_0944~01


秋葉原駅に降り立ち
ソフマップ開店に一番乗りで入り、400円のメモリーカードだけを買い…。

御徒町駅に降り立ち
漫画喫茶に入り、漫画を読まずにたった15分で外に出て…。

大崎駅に降り立つつもりで、なんか違うと降り立たず…。

目白駅に降り立つつもりで、やっぱ目白だよなとつぶやき、結局降り立たず…。

~TS381257


池袋駅に降り立ち
サンシャイン60の展望台に、これまたたった5分観てまわって、すぐに降り…。

大塚駅に降り立つつもりで、タバコだけ吸って降り立たず…。

巣鴨駅に手を振り…。

上野駅に降り立ち
上野公園をテクテク進み、ゴミ回収場の駐車場だけ見学し…。
外人女性に「ハママツ…キョー…ドレデスカ」と、切符売り場でナンパされ
「この160円のボタン」と日本語で丁寧に断り…。

品川駅に降り立つつもりで、田町駅に一駅戻り…。

田町駅に降り立ち
日暮れタイムリミットと闘いながらも、栄光に架ける橋を探してズンズン歩き
案の定、迷子になってスンスン泣いているところで、西郷どんと海舟さんに出会い

~TS381258

「篤姫」の名シーンを思い出して、元気を出しながらも
迷子続行していたら、闇の中で芝公園駅にたどりつき…。

久しぶりの神保町駅で、腰痛の痛みに崩れ落ち…。

新宿駅に降り立ち、ちょっとだけ涙を拭いたけど
汗が冷えて、鼻水が止まらない蛇口のようです。



そんな1日。



山の手グルグルまわって、わかったこと。

山手線の車内で何十枚も写真撮るのは
とても勇気がいるが
駅員のすぐ目の前で、改札機の写真撮り続けるよりは
少しマシ。




ジャンケンの卑しき罠

ジャンケンの卑しき罠

あとね、1回ジャンケンに勝てば
右下の任天堂DSがポトリと落ちるのですよ。

でも必ずゲット一歩手前で負けるのです。
また100円ぶっこむ。
勝つ、勝つ、勝つ、リフトアップ、リフトアップ、リフトアップ。
あと1回、負ける、リフトダウン。悔しくて手鼻をチン。
また100円ぶっこむ。

もうね、普通にDS買った方が早いし、きっと安い。
プログラムで、そういう仕組みになっているとわかっていながら
ついつい小銭ぶちこむのは、そう、射幸心。

おつかい途中の33歳のオッサンが、鼻息荒く無駄金失っている痴態を
見知らぬ子供がボンヤリ眺めていたけど、とても良い反面教師になったと思う。

たしか、うちのアシさんも買い出し途中で
このアーマロイドレディに捕まっていたんだよなあ。


1500円ぶちこんで
なんとなく、なんとなくだけど思ったんだけどね。

あのDS
ただの空箱のような気がするな、ボク。

そんな無職ライフ6日目。

無職ワンダフル

つい先日、ようやっと「らいでん」の最後の原稿を描き上げました。
おつかれウヒョちゃん。よう頑張った!

まだ最終回は掲載されていないので、月チャンの読者さんにお別れのご挨拶をするのは
もうちょっと後回し。さみしいじゃないですか。
もうしばし、お付き合いよろしくお願いいたします。


しかしまあ、ええ、これにて晴れて無職でございます。


〆切りに追われて、3時間睡眠、白髪ゲージを増やす日々ともオサラバですよ。
さあ寝たまえ。たっぷり寝たまえよ。寝ればいいさ。惰眠をむさぼればいいさ。
だって無職なんですもの。気兼ねなく、はい、それっ!

…というわけで、すんごく寝ちゃいました。
8時間寝て、ごはん食べて、8時間寝て、ごはん食べて、また8時間。
おおう、いくらでも寝れそうだこりゃ。


連載最終回の原稿を描き終わると、いつものことなんだけど
緊張がとけて、体中のダメージが堰を切ったように溢れ出し
まるで廃人のようになってしまうのですよ。

ほんとね、身体がまったく動かないの。

腰痛、風邪、下痢、歯痛、偏頭痛、などなどが
パチンコ新装開店で順番待ちしていた客のように
待ってましたとばかり、ドっと勢い良く流れこんでくるわけでして…。

なんだかんだで、今日になって、なんとか動けるように。



そんでもって無職2日目の、今日のウヒョ助の行動。

まず、8時に起床。
ネットニュースで、オバマさんの就任演説を聞き逃していることに気づき、呆然。

9時、ムスメが起床。
たまには嫁をゆっくり寝かせてあげようと、ムスメにメシを食わせつつ
忙しくて今まで全然かまってあげられなかったので
これでもかっていうくらい遊び倒す。

11時半、嫁が起床。
嫁、久しぶりにゆっくり寝れたことを亭主に感謝しつつも
英語ができることをいいことに、先日のオバマ演説を調子にのってモノマネし始めたので
ちょっとイラッとする。

2時、編集さんからちょっと観ておいてと言われていた
映画のDVDを探しに外出。

なんとなく、少しだけ遊びたくなったので
駅前でちょっとだけパチンコをしてみることに。
いつもの勝率9割をほこるパチンコ店へ立ち寄る。

夕方5時、パチンコ店を出る。

~TS381243

……ウヒョのパトロンかっ、この店は!

本気で怖いんですけど。2万5000ガバスの勝ち。
CMで気になっていた「パチンコ花の慶次」を試し打ちしてみたものの
松風が頑張りすぎて、ボトボト、ボトボトと馬糞のように玉が落ちて来た。
なんだこれ、まるでコミックバンチから、お小遣いをもらったような気分。

ガバスを握りしめ、電車に乗って隣町のTSUTAYAへ。
多摩地区で一番大きいTSUTAYAなので、ほぼなんでも見つかる良いお店。

小学館の編集さんから勧められていた映画は見つかったけど
月チャンの編集さんから勧められていた映画が、すべて貸し出し中。残念。
代わりにアシさんから勧められていた映画を借りることに。

「あぶく銭は、あぶく銭として使うべし」という信条の元に
駅のデパ地下にて、嫁の大好物のウニをこれでもかっていうくらい購入。
さらにこれまた嫁の好物のアイルランドビール数本と、花なんか買ったりして。

6時帰宅。
ウニと花束を渡された嫁が、意味もわからず混乱してる様子をニンマリ眺めつつ
「小遣いじゃあー」とガバスを投げつけて、下品な昭和のオヤジ劇に幕をおろす。

6時半。
なぜか久しぶりにバンチの編集さんから電話。
タイミングがタイミングだけに
ウヒョが「パチンコ花の慶次」で勝ったことをどこかで知り、
得たガバスを原哲夫先生に少し返しやがれという脅しかと思ったら
全然違ったので安心。

7時、ウニを全部メシの上にぶちこんで、黄色い山盛りの何かを食べて
はしゃぎ転げまわっている嫁をなるべく見ないようにしつつ
ムスメと一緒にスポンジボブを観る夕飯。

これから映画を続けざま3本くらい観る予定。


ああ、なんて優雅な無職ライフ。
先のことは考えない。怖いから。

北の国から2009 賀正

090101_1457~01


あけましておめでとうございます。

いやあ、お正月っていいものですね。
ええ。
大晦日から今の今まで、普通に机に向かって仕事しております。
平日じゃねーか、こりゃ。


思い起こせば2年前の正月
ムスメが産まれる寸前だったあげく
普通に週刊連載のド真ん中だったもので
これといった正月らしいことは何もできず…。

そして昨年の正月は、これまた大晦日にムスメが高熱出しやがったので
年末年始を、ほぼ病院のロビーですごすパニックぶり。

そして、今年ですよ。


ムスメも嫁も元気、ウヒョも家におるってことで
初めて家族3人で、一家団欒、まともな正月イベントができると思っていたのですが。


いやあ、思いもよらない一悶着が。



大晦日の夜ですよ。
メシの準備ができたというので、仕事の手をとめ
家族3人でちゃぶ台に座る。

………おい、ちょっと待てよと。

なんだこのさみしい食卓は。
いつもの食事と変わらないではないか。
大晦日だぞ。

大晦日と言えば、年末の最大のイベント。
年末特番のテレビをダラダラ見ながら
飲めないお酒なんかもちょっぴり飲んじゃったりして
旦那酔わせてどうするの~湯船に沈めて保険金~みたいな
そう、パーティの夜である。

なのに、なんだ。
華やかさがまったくないではないか。
おせちはどうした?
オードブルはどうした?
山盛りのオカズが食卓にてんこもり、それが大晦日の夜ではないか。

嫁にチックリ文句を言うと
「いや、うちの実家では、大晦日の夜はこんなもんだよ。
 ほら、この後、オソバやお雑煮も食べるし。」
などと言いやがる。

んなわけあるかい!
ウヒョの北海道の貧乏な実家でも、大晦日だけはもうちょっと豪華だったわい!
ひな祭りに巨大な雛壇かざる、そっちの実家がそんな貧相な大晦日おくるわけないじゃないか!
そう言うと

「いや、普通、おせち出したり、豪華になるのはお正月になってからでしょ?
 そのためのごちそうや食材はすべて買ってあるし。」

はあ?
あるなら、出せーい!!
今すぐ、ごちそう全部出せ-い!!

こんなしみったれた、いや、確かにコトコトじっくり煮た牛スジは美味しいけど
こんなさみしい食卓で紅白歌合戦見れるかバカモーン!!

で、10分後、彩り鮮やかなオードブルがちゃぶだいを埋め尽くし
ご満足でご機嫌なお父ちゃん。

嫁の方は、これで文句ねえだろという顔が半分、どこか不可解な顔が半分。

ムスメはなぜか、黒豆を箸でヒョイヒョイつかんで猛スピードで食い始め
なんだこの神懸かり的な、手先の器用な1歳児はと食卓をわかせ
なんだかんだで楽しく年越し完了。


問題は明けた朝の、正月である。
初夢なんて覚えていやしない。
そんなことはどうでもいい。

夕方。

テレビで「秘密のケンミンSHOW」をボンヤリ観ていた時のこと。


画面の向こうで、北海道出身のタカアンドトシが
「なんと北海道民は、おせちを大晦日に食べます!」
などと、ごく当たり前のことを言っている。

なのに、なぜか「エエーッ!?」と騒ぐスタジオ。
観ているウヒョは、キョトンである。


よくよくVTRを観ていると、一般では大晦日は大人しく地味に過ごし、
正月の朝になってやっと待ってましたと、おせちやごちそうを出すのが普通、とのこと。
大晦日の夜から、おせち食い始めているようなフライング・バカは
北海道民だけだというのだ。


ビックリである。


その瞬間、嫁が
「ほらぁーーーーーーっ!! だから、そうだって言ったじゃん!!」
と、大声をあげる。


ほんと、ただただビックリである。


土下座ですよ。

もう素直に昨日の無礼をわびるしかありませんよ。
何も言えないやら、恥ずかしいやら、いたたまれない気持ち。
県民性の違いで、まさか結婚4年目突入して、今さらこんな大恥かくとは思わなんだ。


そう…だった…のか…。
おせちって… 正月に食うものなのか…


くそっ…
年始早々、死んでやる!!



でも、お雑煮が実家で食ったのと同じ
鶏肉と三ッ葉が入ったやつなので、結果よしとする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。