スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう恋なのか

090328_0617~01

という書き置きを残し、早朝6時半、我が家を出発。
本気で秋葉原まで42キロ、歩いて行くつもりだったのですが。

sora.jpg

風が強くて、えらい寒い。

道に迷ったあげく、3時間後、8キロ先の府中駅前で断念。
先日、お茶をこぼして使えなくなったキーボードをコジマにて買い
電車でトボトボ帰宅。


anpan.jpg

近所でお祭りやってたので、家族で外出。
アンパンマンによく似た何かがうろついていたので
遠目に眺めて淋しい気持ちになったものの
せっかくだからムスメを抱いてもらう。

これがあかんかった。

ムスメにとってアンパンマンなんて
トトロを横綱とすると、大関がポニョ、かなり落ちて十両がワンワン
そのもっと下の、マゲすら結えてないくらいの位置だったのに
帰り道からずっと熱病のように
「アンパンマーン、アンパンマーン」と、つぶやき続けている。

あかん。こらあかん。

ああ、この淋しさは、もう恋なのか。

090328_1630~01

さきほど月チャン編集部から、らいでんTシャツが届いた。

「てめえ背中になにか背負いやがったな!! 塚脇永久
と、背中にプリントされている。

たった1着しかないので、大事に取っておいて
将来、ムスメの人生を背負う婿さんに、無理矢理くれてやろうと思う。


アンパンマンに似た何かには、くれてやらん。
スポンサーサイト

脳内クライマー

足が相変わらず筋肉痛で
初登山後二日目になっても、カクカクとロボット歩きのウヒョでございます。
連載中、1年近くまともに外を歩いていなかったのに、いきなり無理しすぎたなコリャ。

090327_0704~01


でも、せめて頭の中だけでも山歩きしたいなと思い
数年ぶりに図書館までカクカクと歩き
山岳小説やガイドブックなどを大量に借り込んできました。

嫁にチャイ(インドのミルクティ)を作ってもらい
まるでヒマラヤの麓、ネパールの安宿にいる気分で
タバコをプカプカ、朝からまったりと読書しております。

うひゃあ、面白いよう。
漫画の資料としてじゃなく、娯楽として活字を読むの久しぶりだもん。
しかもこんなにのんびりと。
なんて贅沢な時間。

いまだピキピキとはっているふくらはぎをもみながら
脳内で穂高や谷川岳を駆け巡っております。


090327_1256~01



かといって、多少は動いた方がいいので
ムスメを引き連れ、散歩には出かけております。

今日は浅川まで散歩。
ウヒョが登った高尾山方面から流れてきてる川なのね。
最近では鮎も釣れるようになった、とてもきれいな川。

そこの川岸にできた、小さな水たまりに石を投げ入れ
ムスメに波紋を教えるツェペリお父ちゃん。
カエルがメメタァーとなったら上出来です。


090327_1308~01

駄目だ、馬が見ている。



なんだかんだで、往復2キロをほとんど一人で歩ききったムスメ。
2歳児ってこんなに歩くっけ?

しまいには、最後の難関、88段の急な石段を抱っこして登っている最中
ちょうど半分くらい登ったあたりで、「ダッコナイナイ!」と腕から降り
一人でエッチラオッチラと石段を登り出した。

2キロ歩いただけでもビックリなのに
さすがにこれは無理だろうと、いつでも抱き上げる準備で背中を追っていたら
残り42段をニヤニヤ半笑いで登り切りやがった。


なんだコイツ…!?


足はウヒョ似で異常に骨太。
太ってないのに、太ももだけはそのへんの小学生の二の腕よりもぜんぜん太く
お母ちゃんのお腹にいる頃から、うめくほど内側からボコボコけりまくり
外に出ては、オムツ替えをするお父ちゃんの耳を
第14使徒ゼルエルの動きでカツーンカツーンと両足で破壊、出血させたムスメ。

あれか。
クライマーになるのか、ゆくゆくは。
世界第2の高峰K2を、日本女性で初登頂した登山家、小松由佳さんを目指すのか。
なればいいさ、好きに生きるがいいさ。

090327_1222~01


ごめん。
登山家と漫画家だけは、やめてくれ。

今年の初登山!

読み切りの依頼原稿がアップしたので、やっとこさの初登山でございます。
運動不足で、こんなにプクプク脂肪を貯めて、山なんて登れるのかしら?
ていうか、なんでたった20ページの原稿に、こんな時間かかってんだよ。

ともかく、かつてはヨーロッパ三大北壁のひとつ
グランドジョラス・ウォーカー稜を
アイスパイルとピッコロ大魔王のフィギュアを両手に
単独で登り切ったウヒョ助さんですが…

ブランクが長すぎたため、いつもの近場、『高尾山』からスタートです。

takao1.jpg

朝7時過ぎ、高尾山口に到着。
朝早いのと、天気が悪いせいか、ご老人登山客が5、6人くらいしかおらず
皆さんメジャーな1号路から登ろうとしていたため
ウヒョは人があまり登らない6号路から登ることにする。

苦手なんだよね、人がいるところを一緒に登るの。
挨拶とかテレちゃうし。

人気のない6号路を選んではみたが、とにかく暗くて静かで怖い。
後悔。泣きそうだ。
しまった。やはり1号路でジイさんバアさんの後を追いかければ良かった。
高尾山って、霊山だからオバケ出るんだよね。自殺者も多いし…。

takao2.jpg

案の定、心霊写真ですよ。

6号路の中腹で、休憩がてらにカメラのシャッター切ったら
霧なんかないのに、なんかモクモクしたもんが映りやがった。
もちろん山中でタバコ吸うようなバカなマネはしない。

くそっ! 誰だ、デジカメじゃ心霊写真映らないなんて言ったヤツ!?
何かいるのはわかってたけど、あえてわざわざ見たくないんだよ、そんなもん!

もうね、ダッシュですよ…。
とにかく早く人の姿が見たい!

takao3.jpg

だけど道が悪くて、なかなかスピードは上げられない。
たまにウグイスが可愛い鳴き声を聞かせてくれるのが、せめてもの救い。
登山路がところどころ湿ってすべるんだけど、そこはウヒョの買ったばかりの登山靴。
しっかりグリップが効いておりやんす。

ていうか、頂上マダ!?



takao4.jpg

やっとこさ高尾山頂上でございます。

なんか脅えて急いで登ったせいか、かなり早くついたような。
登ってる最中は、まだかまだかと、すっごい時間が遅く感じたけど。

頂上、やっぱり人がいない。
目の前をジイさん二人くらい歩いてるんだけど、ザック背負ってないので
山の管理者か、もしくは亡霊と思われ。

ここで、熱いコーヒーと、カロリーメイトで燃料補給。


takao5.jpg

頂上からの眺めでございます。

天気が悪くて、富士山なんか見えないどころか
漫画家としての明日も見えない有り様。


takao6.jpg

正直疲れ切ってアカンかなと思ったんだけど
まだ時間が早いし、頑張って、隣の『子仏城山』まで縦走することにした。
あとでやっぱり後悔したけど…。


takao7.jpg

縦走途中で、雨が降ってきやがった。
昼から弱い雨が降るとは聞いていたが、ちょっと早すぎる。
まだ9時だぞオイ。
でも身体は熱くほてっているので、ちょっと雨が気持ちいい。
このあたりで嫁からメールが入り、こんな山奥で電波が届く事にビックリ。


takao8.jpg

子仏城山の頂上でございます。

もうここまでくると、登山客がウヒョしかいない。
ここはナメコ汁が美味しいらしいが、店なんかやってないし、半分店が朽ちている。
すごくさみしいんだけど、この孤独感が登山の醍醐味。
チンコでも出して、踊り狂ってやろうか。
などと1人ニヤニヤしつつ、ゴミなんか拾ってるウヒョ助。

takao9.jpg

いや、一人じゃなかった。

ふと横から声をかけられ、振り向くとニャンコ様がいらっしゃる。
1本残しておいた行動食のカロリーメイトを半分こして、一緒に食べる。
なぜか敬語でネコに話しかけているウヒョ。
いや、おそらく、この山の神様だし。


takao10.jpg

さて、このまま、景信山、陣馬山へと縦走してもいいんだけど
間違いなく途中で死んじゃうので、相模湖の方へ降りることにした。
でもここから下山するまで2時間くらいかかるらしい。

どうせ死ぬなら下界に近いところで死んだ方がいいと思うので
がんばって下山することに。
ニャンコ様に「んじゃ失礼しますぅー」とヘコヘコ頭を下げながら下山路へ。


takao11.jpg

2時間はかかんなかったけど、強くなってきた雨に苦しめられながら
なんとか人里へと降り立つ。
ヒザがもうカクカク笑ってやがる。
ていうか、すんげえー怖かった。6号路よりも暗いんだもの。


人里に降り立った瞬間、スクーターに乗った地元のオジサンから
「もう降りて来たのかい! 早いねえー!」と笑顔でホメられる。
HPはすでに1ケタだけど、すこぶる機嫌がよくなったウヒョ。
このままバスには乗らず、徒歩で相模湖駅を目指すことにする。


takao12.jpg

弁天橋からの眺め。
なんかスタートから今まで、どの風景もなんか微妙に怖い。
このあたりのダムって、沈んだ村なんだよなあ…。


takao13.jpg

雨が強くなりすぎたので、カッパに着替えつつ、休憩所で一服。
やっぱり誰もいない。怖い。


takao14.jpg

雨の中、延々と歩いて、1時間後、相模湖駅に到着。
のべ約10キロ。5時間の山行でございました。


で、案の定、今一歩も足が動かないわけですが。
体重2キロ減ってるし。


次は天気のいい日に、奥多摩に行きたいと思っております。



奥多摩って、もっと怖いんだよな…。
物の怪どころか、そこにクマがさらにトッピングされてるから…。

宝くじ当たったぁーっ!!

090312_1905~01

1300円!!
やったぁーっ!!

買ったのはバラ10枚、3000円。
この金額、とてもちょうど良い気がするのねウヒョ。

これ、20枚6000円も買っちゃうと、ハズレた時に
「あーあ、この6000円を他に使えば良かった…」と
妙にもったいなく感じてしまう。

たった1枚300円だけ買うと、あまり当たる気がしなく
ワクワク感がない。

買ってから2ヶ月、60日もの間
毎日「もしかして1億当たるかも?」とワクワクできる権利。
1日あたり50円のワクワクで、3000円。
なんて、ちょうどいいのかしら。
ハズレても「2ヶ月間のワクワクをありがとう!」といえる金額。

それで、1300円も当たったわけですよ。
大もうけですってば。

1300円あったらね、うちからなら高尾山まで電車で行って
登って頂上でコーヒー買って一服して、その帰り道に高尾そば食べて
電車でまた帰って来れる。なんて素敵な1日。

ありがとう、ありがとうグリーンジャンボ。
ありがとう、ありがとうワイオミング州のプレーリードッグたち。

プレーリードッグには、何の縁もゆかりも面識もないけど
あのコらがコツコツ掘った穴が、遠くは日本の
ウヒョの1300円につながった気がするの。

だからといって、げっ歯目リス科のくせに、お犬様を名乗ろうとは
この綱吉、許す訳にはいかんが、そこは赤穂浪士面々の忠義心に免じて
さわやかテイスティ、コカ・コーラ。

しゃかりきコロンブス

090309_2052~01

今宵のお酒は「ズブロッカ」
ポーランドのウォッカでございます。

瓶の中に牧草が1本入っていて
どうやらラベルのバイソンが食べてる草らしいんですけど
これがまた、桜餅のようないい香りがして、とても爽やか。
まさに春を感じさせるお酒です。

ほんのり甘味を感じるので、炭酸水で割って、そのままチビチビ。
ウォッカと本当に相性がいいみたい。頭痛くならないし、二日酔いもなし。
ああ、自分が下戸なのを忘れてしまうくらいの、酒の日々。
まあ多くても2杯くらいしか飲まないですけど。


……って、いかぁああああああああああーーーーんッ!!!!!!!

フヌケばい!
それじゃフヌケとね、フヌケでっしょうがウヒョ助しゃん!
そげんこつやっとっと、来年の山笠は舁けんばいっ!!!!


いつものことなんだけど、不眠不休の連載期間が終わった後の
超フヌケモード継続でございます。

毎日、なにをするでもなくボンヤリと床に転がる日々。
休みといっても、その間に読み切りの依頼が入って
ネームやって、通して、予告カットまで描いたりと働いてはいるのですが
〆切りがゆるいのと、フヌケ継続で、もう何の気力もない日々でございます。

うちのムスメに買ったベビーブック付録のDVDを寝そべりながら観つつ
収録されてる、ドラえもんの「トイレ上手にできたソング」でゲラゲラ笑ったり
意味なくネット麻雀「天鳳」で、一気に四段まで昇格させて飽きたり
漫画「はっぽうやぶれ」で博多弁の練習したりと
まさに何をしたいのかよくわからず、無駄に時間を消費する毎日でございます。

仕事すりゃいいんだけど、もともとギリギリになるまで動かない性格。
ならば山にでも行けばいいんだけど、天気悪かったり、寝坊したり、痔が痛んだり。
というより、何かをする気力が、すべてにおいてストップ状態なのですよ。


090309_2242~01

旦那がこんなフヌケてる間にも、嫁は忙しい家事の合間に
サササッとミシンで、ムスメに春用の上着一着を半日で作ってしまう働きっぷり。

おおう、キアゲハの幼虫みたいで、いかにも春っぽい。
しかも経費はリサイクルショップで手に入れた300円の布代のみ。
こんな上着や服が、うちには何十着も。
うちのムスメの衣服代はこの2年間、ほとんどかかっておらず…。

ああ、それと比べて旦那は… だめだ。
もう出家して、木の皮食って、うるし飲んで、即神仏とかになればいいよ。
インドネシアの愉快な土産物になればいいよ。
なんだとコノヤロウ!
いやなんでもありません。


090309_2052~02

おりゃっ!

そんな時だからこそ、ついに買ってしまったぞ
ゴアテックス軽登山靴16800円!!

なんか靴買ったら、急に山登りに行きたくてたまらなくなってきた。
あんなに面倒くさかったのに。
しかも、気分良く山登りするために、早く仕事を終わらせたくなってきた。
う…うぉおおおおおおおおーっ!
なんだ、このヤル気はぁああああああああああああーーーーっ!!
原稿描くぞっ! 未踏の厳冬期マナスル北東壁登ってやるっ!!


普段、自分の物はめったに買わないウヒョ。
家族や他人にお金使うのは好きなんだけど、自分にお金使うのが苦手。

服もほとんど買わないし、着ている上着なんか、嫁の古着。
唯一の趣味らしいものが山登りなのに、靴すら買わない始末。
リュックサックなんか、スーパーで買った1980円のヤツだし。
こういう自分の性格、親父に似て、しみったれて嫌いだったんだけど…。

今日家族でデパートで買い物してて、ぼんやり登山用具コーナー眺めていたんだけど
嫁の「辛気くさいから買え、買ったらそれなりに気分上がるから!」の一言で、購入を決意。

店員さんに厚めの靴下をはかされ、試し履きをして、ヒモの結び方をレクチャーされ
なぜかそのまま木の滑り台を登らされたあげく、細かいサイズチェックを受けて、レジへ。


あああああ、買ってもうた、もったいない。
このお金でムスメに三輪車でも、嫁に服でも、アシさんに焼き肉でもごちそうした方が…!

でもっ!

う…うれしいっ!

袋にぶら下げ、たまに開いて靴を眺め、ニヤニヤしてしまう。
そうか、たまには自分に何か買ってやるのも必要なのだ。
だってこんなにウキウキするんですもの。


というわけで、今年の春こそ山に登りまくります。
コツコツお金ためて、ゆっくり登山用品買いそろえますよ。

次は半年後くらいに、ガスカートリッジ・2500円を目指す!

ヒキコモリ

自宅で遭難しております。

090306_1236~01

テントの窓越しに、トムとジェリーのDVDを観る
ウヒョ山岳隊長と、ムスメ隊員。
吹雪なので、身を寄せ合って暖をとっております。

せまい。
でも落ち着く。

あ、本日
らいでん3巻の発売日でした。
ぜひよろしくお願いいたします!
完結ですよー。

売れるマンガとは

嫁さんが実家からの帰り道
1人寂しく留守番していた旦那のためにと
お土産として、コミックを2冊買ってきてくれました。

090304_1624~01

うわーい!
「鉄子の旅プラス」と「岳」の最新刊だぁーっ♪


…うん。

それね、ウヒョすでにもう買ってるの。
2冊とも。

そう。家にある。


というわけで、同じコミックスが2冊ずつ家にあります。
ブックオフには売りません。

1冊はソファーの横に、もう1冊は風呂場でヨレヨレになるまで読み返しますよ。

ウヒョの家にはヨレヨレに波打ってる本が何冊かあるけど
それはみんな、ウヒョがお風呂に入るたび持ち込んで
湯船につかりながら楽しく何度も読んだ本。

サイバラ先生の漫画はほとんどヨレヨレ。
「ノーマーク爆牌党」は全巻ヨレヨレになって、買い直し、それもまたヨレヨレに。
「鉄子の旅」も「岳」も、既巻はほどなくヨレヨレでございます。

売れるマンガとは、そういうことですよ、ウヒョ助さん。


ひなまつる

090303_1453~03

嫁さんの実家で、2回目となるムスメのひな祭りでございます。

昨年はまだ、トマトのヘタみたいな頭をして
目の前の雛壇が、雛壇なのか、超人タッグトーナメントなのか
まったくわからないような顔をしていたムスメでしたが
今年はきれいなおべべまで着せてもらって
いかにも女の子じゃのうと、お父ちゃんは眺めつつホンワリ。

090303_1518~01

お義母さんが作ってくださったチラシ寿司を6杯もかきこみ
写真を撮りまくって、1人帰宅してみれば、外は雪。

3月に雪かあ…。

北海道では3月に雪なんてあたりまえ。
下手すると、5月くらいまで軒下に雪が残っていたりする。

3月に降る雪で、春はまだ遠いのかななんて思っちゃうあたり
ウヒョもずいぶん東京の人間になってしまったものです。


そうか、ムスメは東京に祖父母をもつ
東京で生まれて、東京で育つ、東京の子なんだなあ。
お父ちゃん、きみに田舎を教えてあげたいよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。