スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発痛恨!!

090419_2308~01

おそらく今日発売(地方は遅いかも?)の
『月刊ヤングキング』に
ウヒョの読み切り漫画が載っております。

タイトルは「一発痛恨!!」

これがね、たった20ページの短編なのね。
そんな少ないページ数で読み切り描くのって初めてだったので
ちょっと難しいかなって思ったんだけど、以外と苦もなくネームが作れました。
編集さんにも一発で通ったし、短編にちょっと自信がついたかも…???

そんな試験作でもありましたが、はたして失敗か成功か
ぜひ読んで判定してやってくださいませー。



そんでね、月刊ヤングキングは少年画報社さんの雑誌なのね。
キングといえば「まんが道」じゃないか!
ウヒョがまだ描いたことのない出版社さんからのご依頼。
これはとてもうれしい。

なぜなら漫画雑誌を発行している出版社さんから、できればすべて
お仕事を頂いて足跡を残すのが、ウヒョの漫画家としての夢のひとつなのです。
けっこう今まで、いろいろな出版社さんにお邪魔してきたもんね。

まだ一度もお仕事させてもらっていない
集英社さん、双葉社さん、白泉社さん、スクウェア・エニックスさん
角川書店さん、日本文芸社さん、芳文社さん、リイド社さん、白夜書房さん
機会がありましたら、ぜひお声かけをよろしくお願いいたします(笑)

ていうか、ウヒョみずから頭下げて営業行けって話ですが。


同じように、今までお仕事させてもらった出版社さんから
またお声をかけてもらえるのも、とてもうれしいものです。

これが一番うれしいかも。

タイミング悪くお仕事として実らない場合もあるんだけど、
駒の一つに数えられて、ご依頼してもらえるだけでもありがたい。
いつでも、将棋盤にまた乗せてもらえることを願う
歩の気持ちなのですよ、漫画家は。



先日も、かなりごぶさたしていた出版社さんにお声をかけてもらい
久しぶりにご挨拶に行きました。

飯田橋にある出版社さんなんだけど、駅から考え事しながら歩いてたら
うっかり同じ飯田橋にある秋田書店さんに向かってしまい
あああああ、今日は違うと、頭をかいてみたりして。

昔、小学館に用事でアシさん連れて行った時、夜で暗くて、久しぶりだったんで
なぜか隣の集英社さんの受付に行ってしまい
アシさんにしっかりしてくれと、ツッこまれたことが…。
あの時も死ぬほど恥ずかしかったなあ。

出版社さんって、けっこう同じ地域に固まっているんだよね。
飯田橋、水道橋、神保町…  あのあたりを歩いてる時は
おそらく大勢の編集さんや漫画家さんと、知らずにすれ違っているのでしょう。

プラスチックの防水原稿ケースなんかぶらさげた人を見ると
心の中でついついニヤリとしてしまいます。
(原稿完成おつかれさん! お互いがんばろうぜ…!)みたいな。



今日、仕事場のポストを見たら
ビッグコミックの編集さんから、この前掲載した読み切り「水瓶」に対しての
読者さんから送られた感想メッセージの数々が届けられておりました。

ああ。

一所懸命描いて良かったな。
読者さんが、こんなに真面目に読んでくださっているんだから
漫画家はなおさらもっと誠実に描かなくちゃいけないな。

と、つくづく感じました。
本当に…。

ビッグコミックの読者さんの年齢層から
ウヒョよりずっとご年配の、人生の大先輩の方からの声も多く
ひさしぶりに、学校の先生からほめられてニヤニヤしながら下校した
小学生の頃の気持ちになれた、そんな無精髭33歳でございます。


漫画っていいね。
スポンサーサイト

中央線の山々制覇!

jinba.jpg

あの山の向こうからウヒョは歩いて来たのです…。

晴れたので、登りかった地元の山々を
いっぺんに全部登ってきたんだけど、ムチャしたなあ…。
写真いっぱい撮ってきたんだけど、今日は疲れすぎてるので
山行のご報告まで。


朝7時に家を出て、中央線で山梨県は上野原駅まで行きまして。
駅からバスで、スタートの山の麓、石盾尾神社まで行って降りる。
その後、登山口に入り…

三国山(標高960m)
生藤山(標高990m)
茅丸(標高1019m)
醍醐丸(標高867m)

と、縦走して、和田峠へ。
そこからさらに

陣馬山(標高855m)
堂所山(標高733m)
景信山(標高727m)

と、縦走して、下山。
子仏バス亭へ…

何キロ歩いたかわかんないけど、朝から日暮れ近くまで。
ムチャしたなあ…。

最初に登った三国山が、その名の通り
山梨、神奈川、東京、という3つの国の県境が交わるところにあるんだよね。

県境って、つまりのところ、山と山をつなぐ尾根で線を引かれてあるから
三国山から景信山まで、ずっと東京と神奈川の県境のラインを歩いてきたってこと。
写真は陣馬山山頂から見た、ウヒョが歩いてきた尾根なのです。

東京の山を3つに分けると
『青梅線から登る山(奥多摩)』
『五日市線から登る山(奥多摩と高尾の中間)』
『中央線から登る山(高尾)』

たぶん、もうこれで
中央線から登る山はほぼ全部登れたんじゃないかと。


というわけで、中央線から引っ越します。

登山中いろいろあったんだけど、もういいや。
とにかく、つ、疲れた…!
今夜は地図見て、自分の引いたラインを眺めてニヤニヤしつつ、もう寝ます。
土曜日だったので、登山客も多く、休憩中いろんな人と世間話できて楽しかったな。
吊尾根縦走を狙ってる、川崎から来たオバアちゃん、山行ブログどこですかー?


syoutou.jpg

(霧の生藤山、登山道。 山仕事用のワイヤーが首元狙って待ち構えているので注意。)


wada.jpg

(桜が残ってる和田峠。 売店のバアさんにこのまま高尾山まで歩けと言われたが、殺す気か。)


kage.jpg

(景信山でジイさんに記念撮影を頼まれたが、ウヒョが必死に押していたのは電源ボタンだった。)

はじめての似顔絵

登山に行こうと、早朝に目覚ましをセット。
お母ちゃんとムスメを起こさないようにと、1人ソファーで寝てたのですが
目を覚ましたら、まぶしいばかりの太陽が真上から。

お母ちゃんとムスメがお昼の散歩に出かけようとしていたところなので
あわてて目をこすりながら
「お父ちゃんも行くーッ!!」と、メシどころか水分補給もせずに外へ。

~TS381274

気がついたら、動物園でございます。
はたしてムスメは、ソファーで爆睡していた汚いオッサンと
このチンパンジーの見分けがついているのかしら?

はじめてムシ嫌いなお父ちゃんが、昆虫館へと突入。
チョウが大量に舞いまくってる温室へと家族は足を進ませる。
それはどんな生き地獄かしらと緊張して扉をくぐったら
あらら、まるで天国のよう。

~TS381282

どうやらウヒョはチョウなら大丈夫らしい。
ガはあかんと思うけど。
生物分類上でいえば、チョウもガも違いはほとんどなく
ソファーのオッサンとチンパンジーくらいにしか変わらないのに、不思議。


090412_1934~01

ムスメがはじめて、お父ちゃんの顔を描いてくれた。

ついこの間までは、紙の上にグチャグチャグチャーと
でたらめな線を力まかせに描き殴っていただけなのに
近頃になって急に、線や図形を理由をもって配置して描くようになり。

「お父ちゃん描いて」と顔に指差しお願いしたら
ウヒョの顔を見ながら
「かーお」「めんめ」「くっち」「はなっ」「ほっぺ」「みーみ」と、声に出しながらカキカキと。
「髪の毛は?」と聞くと、ウヒョのボウズ頭を見て少し悩んだあと
ナスのヘタのようなものをトッピング。
最後に「おひげは?」と言うと、アゴのあたりにポツポツポツと。

おおう!

まるで「まんが日本昔ばなし」オープニングの、竜にまたがってるアレではないか。
ホッペを丸く描くのは、どこで覚えたのだろう?
ウヒョが2歳のころの絵では、ホッペは描いておらなんだ。


正直ね。
気が狂うほど、うれしい。

ムスメが産まれた時からずっと、この日を待っていたような気がする。


さっそく日付を記入して、冷蔵庫にマグネットで貼りつけた。
墓まで持って行く。

ジンが美味すぎる

ああ… お酒って美味しいものなんですね。


ウォッカだけじゃなく、他のスピリッツも試してみようと
先日、安いジンを買って飲んでみました。
噂では、なんか薬品臭くて、苦手な人はすごく苦手と聞いていたんだけど…。

しかーし!

これがまたウヒョにズッポシ!
うまい、うますぎる! 
ジンですよ!
これじゃこれじゃ、ウヒョが求めていたお酒は!


最初はスミノフというウォッカをジンジャーエールで割って
モスコミュールなんかにして飲んでいたんだけど
ベースをジンに替えてジン・バックで飲んだら、アリャリャもう止まらない。

無味無臭のウォッカと違い、ものすごくスパイシーで香りが強い。
この香りがウヒョ好みで、いったいどこが薬品臭いのか、たまらなくいい香りじゃないですか。
ジンジャーで割るのはもったいないと、ロックでチビチビ飲むように。
あっと言う間に一瓶がカラに。

で。

今宵のお酒は

090403_1424~01

『ボンベイ・サファイア』


安いジンでも美味しかったのに、これなんかもう極上の香り♪
酒瓶のフタを開けて、ずっとクンカクンカ嗅いでいたいくらいですよ。
どうやら1761年からの古いレシピで作っているジンらしい。


ジンの歴史を調べてみると…

【1660年、オランダのライデン大学の医学部教授
 フランシスクス・シルヴィウスが作った
 解熱・利尿用薬用酒、ジェネヴァ (Jenever) がその起源】


らーーーーーいでーーーーーん!!!

おんなじ味を、おはんの親父も飲んでいたのかもしれません。
1761年なら、年代もピッタシだし。
おはんが産まれる数年前だ。


090403_1842~01

ジン・トニックにして飲んでみる。

あああああ…美味すぎて頭がおかしくなりそう。
こうやって少しずつ、酒飲みになっていくのか。

イギリスのお酒ということで、つまみはチップスかなと勝手に思い
ナビスコのチップスターをポリポリかじりながら飲んでいます。
ちなみにmixiでは、チップスターのコミュの管理人をしているウヒョでございます。


090403_1611~01


今日、散歩してたら、とてもいい場所を発見しました。
高台にある、町中を見渡せる静かな公園。
8年もこの町に住んで、くまなく歩いたはずなのに、まだ新たな発見があるなんて。
でもそろそろ、新天地に旅立つ頃かもしれません。


090403_1947~01


図書館にて、またもや大量に山岳小説を借り込みました。
新田次郎ラッシュでございます。
脳内BGMに「雪の進軍」をガンガン鳴らし、ほろ酔い気分で
これから八甲田山に旅立ちます。

進め!!

今日から新年ですよ

090331_1227~01

「来年こそは、いい1年でありますように」

毎年毎年、アホみたいにつぶやいてる、この言葉。
かすかな期待をこめて、大晦日から元旦をむかえるわけですが。

いやあ…2009年、あんまり出足が面白くありません。
年初めから辛気くさいと、まるでこの先1年ずっと、パッとしない気がしちゃう。
これはあかん、あかんぜよ。

と、いうわけで。

ウヒョは年初めを、4月からと考えることにしました。
旧正月じゃ。
そう、今日からニューイヤーですよ。
そのつもりで床屋行ってきちゃったもん、ウヒョ。

やあ!

皆さん、あけましておめでとうございます!
今年はみんなが、よい1年でありますように。

頑張った人が、当たり前にちょっとだけ報われる、そんな2009年を願っております。
がんばろうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。