スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トコナツ腰痛

腰痛って、冬になるもんじゃないのかねワトソン君。

はい。
現在、ウヒョは腰痛で倒れております。

4日前…
腹筋を鍛えようと、グググッフンフンと30回ほどこなしましたら
翌朝になって、腰が伸ばせなくなりました。

なんてもろいのでしょう、33歳の肉体。

イタタッとくるまでに時間があったので
はたして、この腹筋が原因かどうかは定かじゃないのですが…
まあ、肉体年齢が70歳くらいなのは間違いないでしょう。

70歳と聞いて、最初に頭に浮かべるステレオタイプなジジイの顔が
ビックリマンシールの「シャーマンカーン」なのは
70年代生まれ特有のロッテ病です。
宇野重吉や笠智衆を浮かべるのは、もっと前の世代の夕鶴病。


ベスト70歳ジジイの話はともかく…

背中をまっすぐにして立ったり、反ったりすると痛いので
逆に、腰を曲げたり、イスに座って仕事する分には、痛みもなく全然平気なのですよ。
いつもの腰痛なら、曲げる時に痛くなるものなのですが。

でもイスから立ち上がると
腰曲げたジイさんの姿勢じゃないと歩けず
仕事がんばればがんばるほど、腰痛は悪化する一方。
3日目には、マクロスのガウォーク形態でないとトイレにも行けない有り様に。
これがまたバルキリーと違って、まったく格好よくない。悲惨かつ無惨。

このままでは、いつかは航空機ファイター形態になってしまうか
一生イスに座ったままの姿勢で腰が固まってしまう。
漫画は描けるが、取材や打ち合わせには行けない体に。
アカン、こらアカン。
一瞬「漫画描けるなら、ま、いっか」などと思ったけど、全然よくない。

というわけで、丸一日だけ休んで、床に転がっておりましたよ。


090725_1525~01

窓ごしに、プールではしゃくムスメを
うらやましそうに眺めるお父ちゃんでございます。
「朝顔も 揺れる水面に 指くわえ」
せつなくて一句詠んじゃいますよ、そりゃ。
寝てるだけってのは、ものすごくヒマです。


せめてなにか本を読もうと、未読の本でもないかと探したら
なぜか本棚にありやがりましたよ。

「バクマン」の1~3巻。

か…買ったおぼえないぞ、こんなマンガ。
ただでさえ、あまりにまぶしすぎてジャンプコミックスは買わないのに
こんな大人気の漫画家さんの、さらに売れ売れのマンガなんて
とてもじゃないが、ねたましくて読めない。

ナルトでさえ、銀魂でさえ
もっといえばスラムダンクでさえ、9巻までしか怖くて読んでないんですから。
売れない漫画家が読めばきっと、ムッキー状態。
そんな自分に自己嫌悪で、腰と胸がさらに痛むのは必然。
これは、やばい。


でも読む。


いきなり
「漫画家を目指す人の中で、漫画で一生食べられるのは10万人に1人」
との言葉。

イッ…痛ッ! イタタタタタタッ!!
かんべんしてくれ!!
腰がッ…ハートがッ… マジで折れてしまうがなッ!!
ていうか、読み終えた時、それまで夢中で読んでいたせいか
ずっと体勢が悪いままでいたことに気付かなんだ。


でもね、ホント、そんなものですよ。
オーバーな話ではなく。10万人に1人。

来年、漫画でメシ食えてる自信がないですもの、ウヒョ。
そう毎年思い続けて、そろそろ10年目ですが。
65歳の年金もらえる歳がゴールだとしたら…遠いなあ。

先日、ガウォーク歩きでゴラクの編集さんと打ち合わせに行ったんだけど
聞いたら漫画ゴラクで連載中の作家さんって
ほとんどゴール間近の御年齢の大御所さんばかりなのね。

そういえば、ウヒョが小学生の時からもうコミックスかなり出してるもんね。
しかもゴールテープ切った後も、まだまだ走り続けそうだし。
すごいなあ…リアルに10万人に1人の方々ですよ。
尊敬を通り越して、拝んでしまう。

水木しげる先生なんて、フルマラソンをゴールしたその足で
さらにハーフマラソン完走して、今は富士山登ってる感じでしょ?
崇拝を通り越して、恐怖だもん。

漫画家を長く続けているだけで、本当にすごい。
才能ある新人達が競い合って、その戦いに勝った人達がページを奪い合う世界だもの。
新しい才能はどんどんやって来るし、ベテランは鬼のように強くて動じないし。
せまいリングの片隅で、誰にも気付かれずカタカタ震えてるのがウヒョ。

自分なんかより全然才能ある人が先にリタイアしていくので
技能だけではなく、精神的な強さも兼ね合わせてもってないといけない
そう、地獄ですよ、阿鼻叫喚地獄ですよ。アビっていうだけに藤子不二雄A先生ですよ。

A先生もすごすぎるよ、肉も魚も食べない温厚な方なのに
ウヒョがたった半年の週刊連載で白髪だらけになってしまったのに
あの方50年以上描いて、モミアゲだけしか白くなってないもん。

そういえば小学生の頃「臨機応変マン」っていうマンガがあって
ウヒョはコミックス持ってたんだけど、たぶんあの作家さんは生き残ってないね。
子供心に心配だったもの。大丈夫かなって。

もし生き残って、さらにヒットを何作も飛ばしていた場合
その余計な心配をしていた子供は、たぶん20年後
腰を痛めるうえに、さらに心までギャフンと痛めつけられることでしょう。


ギャフン。


そんなこんなで、「バクマン」で腰痛がひどくなって
壊れたサイボーグじいちゃんみたくなってきたので
心を沈めるために本棚をもう一度あさったら
「カムイ伝」の文庫版が。
なぜか1~10巻まである。

おおうカムイ伝!
読むのは小学生の時、図書館で借りた時以来だ。
あの頃は難しくてよくわからなかった。
忍者マンガでしょ?
やったぁー読もう読もう♪
さあ辛い漫画業界の現実から離れて、楽しい冒険活劇の世界へGO!!


……。

……。


あのね。


カムイ伝。


これね
全然、心が静まらない。



wikiで調べたら、作者の白土三平さん
現在、カムイ伝の第3部を構想中なんだって。77歳。
水木先生の自伝で、怪人の水木先生に怪人って呼ばれてたもんな。
そりゃスパゲッティを食べる擬音も「ゾゾゾ」だよ。まいった。
ドラクエ2でシドー倒したら、たぶん次に白土先生がやって来る。
もとい、パルプンテで呼ばれてくるのは、白土先生か、一条ゆかり先生。



もうダメ。
引退する。
化物ばかりだ、この漫画業界。
凡人がいつまでもいるところじゃないよ。
怖い。
スポンサーサイト

漫画ゴラク「極道裁判員」

今日発売の「週刊漫画ゴラク」に
ウヒョの読み切り
『極道裁判員』が掲載されております。

090717_1523~01

内容はタイトルそのまんまでございます(笑)

よければ雑誌をお買い上げいただいて、読んでいただければ幸いです。


個人的には、少年画報社さんに続いて
日本文芸社さんという、また新たな出版社さんと初めてお仕事できたことや
学生の頃から読んでいた「ミナミの帝王」
ウヒョもコミックスを買ってる土山しげる先生
そして少年ジャンプ黄金期のレジェンド作家
平松伸二先生や、高橋よしひろ先生と一緒に掲載されたことが
すっごく嬉しいですね。
まわりを囲んでおられる作家さんも
ビッグコミック掲載の時と同じく、大御所さんやベテランの先輩が多く
とてもいい緊張感です。

………あ。

あああああ???

こッ…今週、高橋よしひろ先生の「銀河伝説WEED」が載ってないッ!!!!!


うわあああああああああーーーっ!!

ゴラクさん、またお仕事くださぁあああああああーい!!!

夏に太ってどうする

ああ、体が重い…。


引っ越した先には、近所に大型スーパーがないため
もっぱら商店街で食料を調達しております。
お肉なんか、小さな精肉店にて
肉の固まりを切り分けてもらい、グラムなんぼで買うようになっちゃいました。

いやあ、これが………美味いの。 お肉。
舌なめずりするライオンの気分になるくらい、すこぶる美味い!

明らかにスーパーのお肉よりも格段に美味いのですよ。
特に赤身の旨味が、すっごく強く伝わってくる。

どうやら肉の熟成度合いが、スーパーのお肉とは違うみたいなの。
スーパーでは見た目の色鮮やかさを重視して
熟成が進まないうちに、サッサと切って店頭に並べちゃうらしいのね。
切ったら最後、熟成はもうそれ以上あまり進まないようで…。

そう、新鮮だけど、まだ青い果実を食べているようなもの。

もったいないけど、やっぱり見た目で買う人が大多数だもんね。
漫画と一緒で。
美味しいものより、売れるものがビジネスの常なので
仕方ないといえば、仕方ないのですが。

かわって精肉店では、固まりのお肉を、ジックリ適温の冷蔵室で寝かせて
注文に応じて、食べごろのお肉を切り分けてくれるわけでして。

ちょっとした豚の生姜焼きにしても、カレーにぶちこむお肉にしても
三色ご飯の肉そぼろにしても、うちのおかあちゃんが同じ調理方法で
いつも通り作っているのに、2倍美味いのである。
ビックリ。

んもうメシが進む進む。
太る太る。

夏なのに食欲があがる一方なのでございます。
やばいなあ。
また久しぶりに会う編集さん皆様に「少し太られました?」とか言われてしまう。
毎回言われているので、出会った頃よりだいぶ太ってることになる。


でも、精肉店のお肉が美味しいからといって、別に値段が高いわけじゃなく。
ほとんどスーパーと変わらないか、場合によってはすこぶる安い。

たとえば…

ウヒョの大好物の「牛スジの煮込み」

HI350490-0001.jpg

ほんと大好きで、いくら食べても食べ飽きない。

固いスジ肉をジックリゴトゴト煮込んで
ダシと煮汁をタップリ吸い込んで、やわらか~くなったお肉。

コラーゲンたっぷりのプルプルの部分もあれば、ホロホロ溶ける脂の部分もあり
歯ごたえが気持ちの良いコリコリした部分もあるかと思えば
旨味をギュギュッチュとつめこんだの赤身の部分もあり。

ガツガツプルプルホロホロコリコリ、そして白いゴハンをザブザブザブ。
牛スジもマンマも、同時におかわりでやんす。

いつも精肉店で1キロくらい買い込み、おかあちゃんが大鍋で大量に作ってくれる。
夕飯に牛スジ煮込みを大皿3杯食って、夜食に1杯、早朝に1杯。
鍋1つ分完食。まだ欲しい。

そんでもって、こんだけ食って
かかったお金が、たったの200円。
安すぎる。
そりゃ遠慮なく大喰らいして、太りますよ青天井に。

一緒に煮込んだネギとズッキーニは、近所の方が畑で取れたものを
お裾分けしてくれたものだし。
タダですがな。


そうそう、夏野菜も美味しいの。


前に住んでいた街より、20キロくらい都心に近づいたというのに
まわりは畑だらけ。
家を出てすぐ、目の前がいきなり巨大農園。
鮮やかなグリーンが地の果てまで続く、夏野菜のジャングルでございます。

ここで取れる野菜が、これまた美味い。
そして安い。

たとえばキュウリ。

今日コーヒー豆を買いに行ったスーパーでは
1本58円で売っておりましたが
農家の無人販売所で買えば、もぎたて4本で100円。

美味いし安いから遠慮なく食らう。
そして太る。
おなかいっぱいだから、眠くなって寝る。
また太る。
さらに寝すぎて、仕事が遅れる。
申し訳ないと思ってるところに、出版社からお中元が届く。
食らう。
また太る。
寝る。

その繰り返しでございます。


これはアカンと思うので、そろそろ山に行ってしぼろうかと思っております。

でも今日、巨大なスイカ買っちゃったんだよな。
夏は美味しいもの多すぎるのがアカンよ。
パクチー散らしたベトナム風ソーメンも美味いし、枝豆も美味いし。
これで、秋にはサンマが待ってるし
冬なんて美味しんぼ地獄ですよ。どうするんですか。
せわしなく太りますよ。
球体になっちゃいますよ。

今日は自家製牛丼、3杯食っちゃいましたよ。
これまたタマゴぶっかけると美味すぎるんですよ。
殺してくださいよ、いっそ。



あ、アイス食べたい。
そういやパピコがあった。

じゃ。

世界の海援隊でもやりますかい

ねえ皆さん、知ってます?
ほっぺを英語で「チーク」と言うらしいですよ。
ウヒョはまったく今まで知らなんだ。

それをつい先日、うちの2歳のムスメから
ほっぺを指さされ、「チーク!」と言われて初めて教えられた
33歳のおとうちゃんでございます。

えらいショックですよ。


うちのおかあちゃんが英語喋れる人なので
どうやらコッソリ教えていたらしい。


そんなおかあちゃんと結婚したおかげで
たまにウヒョ宅へ、アメリカ出身のお客様が遊びに来ることもあったのですが
先日はなんと、韓国からのお客様が遊びに来てくれました。

うちのおかあちゃんの友人(日本人女性)と、もうすぐご結婚予定の
韓国在住の好青年でございます。

日本語はまだできない方と聞いていたので
前もってハングルをいくつかウヒョも覚えてお迎えしたのですが
なんかテレちゃって、ハングルでは2、3言くらいでしかご挨拶できませんでした。

でもお別れの時に「ヘンボカセヨ!(お幸せに!)」と伝えられたので
それだけは良かったです。

090710_2256~01

いろいろ持ってきてくださった韓国土産の中で
一番ウヒョをたじろかせた一品。
「カイコのサナギの缶詰」

言葉の壁は笑顔で乗り越えられても、この壁は
もとい、このフタを開けるには
もうちょっと気合いと時間がかかりそうな気がします。

長野県のハチノコの壁すら乗り越えられないんですもの。
ひ弱なウヒョでございます。ええ。
「らいでん」の取材で長野県行ったけど、あそこスーパーで普通に
ハチノコ売ってるんだよね。
日本国内なのに、軽いカルチャーショック。


あ、でも、韓国に遊びに行ったら、犬鍋をごちそうしてくださるらしいのですが
それはたぶんウヒョは全然大丈夫。
美味しくペロリといけちゃうと思います。
沖縄のエラブウミヘビもたぶん平気だし、カエルも食べたことあるしね。


虫が… 虫だけは苦手なのですよ。


しかし、いつかは2度目のタイ旅行をして
北部の虫料理に挑戦しなくてはと思っているので
ここは鍛えなきゃいかんとこですよ。
だって山男ですもの。虫くらい食えなきゃ飛騨は越せないぜよ。
虫嫌いから脱藩ぜよ。維新ぜよ。日本の夜明けぜよ。
西郷どんの桃尻ラブアタックぜよ。


それより、またお会いする時には
もうちょっと言葉を覚えて、いろいろ会話できるようになっていたいですね。

「漫画」以外のコミュニケーション能力を、もう1つくらい増やしてもいいじゃないかと
ぼんやり考えているウヒョでございます。


090625_1659~01

これもなかなかステキ。
韓国のエンゼルパイといったところでしょうか。
「情」の一字がカッコ良すぎます。

あと、かわいい韓国の飾り物を頂いたので
ウヒョの携帯ストラップにしちゃいました。


そういえば韓国には、漢拏山(ハンラ山)という名山があるんだよなー。
結婚式に参加した帰りに、ちょっくら登れないものかしら。


あと、もしかしたら「らいでん」の台湾版が出るかもしれないとのことです。
小学館のコミックスの韓国版は何度か出たのですが、台湾は初めてだなあ。
企画が実ると嬉しいな。


あ、先日、漫画ゴラクさんの読み切り原稿が無事あがりました。
おそらく来週号の掲載になると思います。
月刊ヤングキングの「パリセン」第2話は、19日発売号です。
ひと月に2作も発表できてうれしいなっと。

世界に大きく羽ばたけることを夢に見つつ
東京の片田舎の7畳間の仕事場で
今月もコツコツがんばります。

あ、それと
一番近所のコンビニが、今月末でつぶれるそうです。
結局そんなもんです、ウヒョの普段住んでいる世界は…。


いかん! いかんぜよ!
世界の海援隊を目指すぜよ!
たかがコンビニでへこんでいてはいかんぜよ!


そういえば昔、タイに取材旅行言った時に
一軒飛ばしで、3つもセブンイレブンが並んでいてね。
あのさ、タイランド、一軒くれ、うちの近所に。
セブンイレブン。

マジで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。