スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩リベンジ!(その2)

tala6.jpg

あのね

怖い。

奥多摩、なんか怖いんですよ。
それこそ、稲川淳二の香りがするというか、奥武蔵と生態系は変わらないはずなのに
同じような景色でも、こちらの山は、なにかオバケが出そうな空気といいますか。
いっそ、オバケかクマかの2択なら、クマの方がありがたい。

平日の早朝は、登山客いなくて、山を独り占めしているようで気分はいいんだけど
とにかくロケーションによっては、ものすごく人恋しい。
暗いよう、怖いよう。

tala7.jpg

山登りも中腹になると、日差しがあって明るく、壮快で気分がいい。

今回は自分のペースを守ってるおかげか、とても快調に高度を伸ばしている。
おおう、足も痛くない!
ジジイがいないだけで、この性能ですよ!

今回縦走する3つの山、1つ目の高水山の山頂はもうすぐじゃ。
たしかリサーチによれば、山頂に着く前に、なにか由緒あるお寺がお出迎えしてくれるそうである。
神社仏閣大好きなワタクシには、これは楽しみ!

taka8.jpg

でーん!
高水山常福院。

お寺なのに、狛犬らしきものが見えている。
山寺では、神仏習合だった頃のなごりで、狛犬が置いてあることは、よくあるお話。

奥多摩といえば、山犬様をおまつりしてる所も多い地じゃ。
山犬様といえば、もちろんオオカミですよ!
歴史の古いお寺じゃけん、きっと荘厳でシャープで、カッコ良い狛犬が見れるに違いない!

その凛々しき姿を見せてくれ! 
いでよ、ニホンオオカミッ!!

おおおおっ!

こ、これは…!



taka9.jpg

まさかのアメリカン・フォックスハウンド(子犬)

こらぁああああああああああああああああああああああーーーーーーっ!!

鎌倉時代からすでに、ペディグリーチャムとか、お供えされていたのだろうか?
ここが境内じゃなく登山道だったら、ヒザが落ちて、崖下に滑落するくらいの脱力感。
少なくとも、タレ耳のオオカミはいない。

わしは室内犬を見に来たんじゃなぁあああああああああああーーーーーいっ!!
山頂を踏みに来たのじゃあーッ!!

1つ目の山、高水山のてっぺんまで、あと一息!
絶景が待っておるわああああーいッ!!



takasan.jpg


小金井公園。


…違う、ここが、高水山(759m)山頂でございます。

とりあえず見所は、金網フェンスに貼られたカエルマークの
「ゴミはもちかえりましょう」の看板でしょうか。

もち帰る…かえる…おお! 
カエルだけにぃー?

ちょっと納得したけど、山頂からの展望は、それほど感動できるものではなく。

ここで長く休憩していると、本当に小金井公園にいるような気分になってしまうので
フリーマーケットを開いてしまう前に、その先にある、2つ目の山
岩茸石山へと急ぐことに。


特に疲労もなく、順調に尾根を進むワタクシ。
さすが入門コースの山だ。

いや違う! わしの足に羽が戻ってきたのじゃ!
ヒマラヤの8000mを駆け巡り、ラインホルト・メスナーとエベレスト頂上で相撲を取り
ローツェの山頂でちゃんこ鍋をつつき合った、そう、あの頃の!
あの頃の、わしが戻ってきたのじゃああああああああああああああああーっ!!

そして…



taka11.jpg

おおおおおおおおーーーーう!!
絶景ッ!!

岩茸石山(793m)の山頂からの眺めでございます。
これは気分が良い。
山頂には、先に登ってた2、3人の中年ハイカーの姿がちらほら。

taka12.jpg

紅葉はまだ4分咲きくらいかしら。

非常に満足したけど、あまり長くとどまると、そこらの年配の登山客さんに話しかけられてしまう。
何度も経験してるが、ここでご老人からの
「おにいさんは、今日はどこから来たのかね?」の問いなどに、うっかり答えてしまうと

「ほう近くていいですなあー! わしはねえ、今日は千葉から来たんですよ。
 いやね、週末は必ずこちらの方へ健康のため登りに来るんですよ。今までにも御岳山や大岳山、そして…」

と、ご老人の登山ヒストリーをすべて聞かされるハメになる。
これが毎度ながらキツい。

あ、すでに、近くの初老ハイカーが、ボクの方をチラチラ見始めてる!
やばい! 
とにかく、最後の3つ目の山、惣岳山まで全速力で逃げるのだッ…!!

taka13.jpg

そんなこんなで、急ぎ足で岩場などを駆け上がり…

ていうか、ちょっと危ない急坂がこのあたりから、いくつも現れる。
ロープをたどって進まなきゃならないアップダウンもあったり、けっこう緊張しちゃう。。

平日だから人もいなくて良いけど、休日の紅葉ピークの頃には
この岩場を大勢のジジババ、いや、中年ハイカーさんが、コース逆走の人達も加わり大混雑の中
落石ポロポロさせながら登り下りするわけで。
想像すると、ちょっと怖い。

そんなこんなで、惣岳山(756m)の山頂に到着。

展望はまったくなく、木陰でやけに暗い山頂に、金網フェンスで保護された古い社があるだけ。
金網のスキマから社をのぞくと、けっこう見事な彫刻があるのが見える。

taka14.jpg

うーん、どういう物語の一場面なのだろう?
たぶん、ハゲのジジイとカエルの姿が彫られているので

ジジイ「今日はどこから来たのかね? わしは千葉から…」
カエル「話はいいからゴミを持ち帰れッ!!」

みたいな会話だと思う。

とにかく、朝ごはん抜いてきてしまったので、猛烈にお腹がすいてきた。
下山すれば、ちょうどお昼ご飯の時間だ。
さっさと帰るぞい!カエルだけにッ!

特に足が痛むことなく、快調に山道を下山。
前回と違って体力に余力があるから、ヒザのふんばりが効いて、比べ物にならないくらい足運びがスムーズ。

下山途中で、逆から登ってきたご老人とすれ違う。
山道では登りが優先。
道をゆずって、「おつかれさまですー」と挨拶をしたら

「ヒャー若い人はすごいねえー。走って降りて来てたもんねえ。」と言われる。

どうやら、知らないうちにボクは走っていたらしい。
ペースに無理なく、自分のレベルにあった快適な登山が、きっと楽しかったのだろう。

taka15.jpg

今回のゴールは、スタートの軍畑駅から、2つ進んだところにある御岳駅。
ようやく御岳の集落が見えてきた。

いつもながら、麓の家々が見えて来ると
「ああー…無事に人間の世界に戻って来れたぁー!」と
安心感と達成感で、気分がものすごく高揚してしまう。

運動不足のマンガ家が登る、奥多摩の入門コースの山でも、上級者が登る南アルプスの岩山でも
プロ登山家が登るヒマラヤの山でも、きっとこの嬉しさは変わらないはず。

「誰の助けも借りず、誰の案内も受けず、自分の力だけで生還したぞっ! ボクってすげえ!」

誰だって、自分を自分でホメたいのだ。


「御岳駅は、その道を進んですぐだようー。」

ゴールの御岳駅、その目前の、迷う事ないアスファルトの一本道で
地元のお婆ちゃんに、いきなり声をかけられてしまった。

あああああああああああああああああああああ、他人の案内を受けてしまったあああああああああああ!!!


い、田舎の人は… や、やさしいよなあ~~~~~…。
スポンサーサイト

奥多摩リベンジ!(その1)

まだ肌寒い朝、おちんちんがキューッとなる、時刻は7時40分。

taka1.jpg

またウヒョ助、見知らぬ田舎におりますよ。
目の前には畑、後ろを振り向けば、いきなり里山でございます。

平日の早朝、誰もいるわけがない無人駅の改札横で、さみしく1人でベンチに座り
熱いコーヒーなどをズズズ~~~~ッとすすっていたところ
登校中の女子小学生が2人、キャッキャッじゃれ合いながら坂道を登ってきました。

ここは山深いド田舎に見えるが、地図上では東京なのですよッ!! 

東京という大都会では、このご時世、女子小学生に挨拶することはもちろん
こんな無精髭のオッサンが、目を合わせただけでも通報、逮捕ですよッ!
マジで注意しなければならない。

登山ガイドを開き、道ばたの地蔵のように気配を消していたところ
お互いのランドセルをつかもうと2人、クルクル高速回転しながら近づいて来た。
さすがにちょっと面白い。バターになるんじゃないだろうか。

つい笑ってしまい、顔を一瞬あげたとたん
「おはようございまーす!」と元気に2人から挨拶を受けてしまった。
田舎によくありがちなトラップですよ。

ここは青梅線の軍畑駅。

そう、東京は東京でも、奥多摩だ。

taka2.jpg

軍畑(いくさばた)という地名は、どうやら大昔に戦国武将たちが
このあたりで合戦なり、B級グルメ決定戦なりをしたことが由来らしい。

そりゃあ~~~もちろん、この地にウヒョが降り立った目的は、
奥多摩名物B級グルメ
ダム底に沈んだ廃村をイメージし、稲川淳二と桜金造をコトコト煮込んで作った
「呪いの怪奇スポット鍋」を食べるためですよッ!

taka3.jpg

「耐震」って言葉を知らなそうな、沢沿いの集落を眺めつつ、ゆっくりと車道を歩く。
たぶん、このあたりの清流で、新鮮な稲川淳二が釣れるのであろう。

ガイドブックによれば、この先にグルメ会場があるという。

taka4.jpg

というわけで「高水山登山道 入口」に到着。

グルメなんてねえッ!!
ダイエット中のワタクシに、まったく興味はないのですよォオオオオオオオオオーッ!!
小刻みに震えるチョビヒゲにも興味はないッ!!

前回、運動不足解消のため、もといラッセル・クロウのような肉体を手に入れるため
奥武蔵の「伊豆ヶ岳」に挑戦し、ボッコボコにされたワタクシが
またまた新たな山頂を目指してリベンジ戦でございますよッ!

そうじゃ!戦争じゃ! 復讐戦じゃああああああああああーーーーいッ!!

taka5.jpg

今回、リベンジ戦の相手に選んだのは

「高水三山」

高水山(759m)岩茸石山(793m)惣岳山(756m)という、3つの山を縦走する
奥多摩登山では、入門コースみたいな気楽なルートでございます。

ていうか、前回のリハビリ登山、こっち登れば良かったじゃん!
ガイドブックにも「入門者向け」って書いてあるし!
前回登った伊豆ヶ岳のコース、帰宅後チェックしたら「中級者向け」って書いてあるじゃないかっ!

というわけで、多少、足の筋肉も戻ったし、体重も落としたことだし
ペースを乱すジジイもいないってことで、気楽に登山スタートでございます。
まだまだリハビリの最中なのじゃ、無理なくいくぞ!

taka6.jpg

いきなり怖いんですけど。
なにコレ?

誰もいないし、薄暗いし、静かだし…。

どうやら砂防ダムらしいけど、軍畑という地名だけに、砲弾を撃ってきそうな要塞に見えてしまう。
夜中にここに1人置いていかれたら、5デシリットルくらい尿を漏らすレベル。

昨年も今年も、クマの目撃情報があったという、家を出る前のリサーチを思い出し
すでに帰宅したくなったウヒョ助。

あーあ…

今頃、家ではムスメとお母ちゃんが、お父ちゃんが自宅にいないことも知らずに
朝のNHK連続ドラマ「カーネーション」とか観ながら、朝ごはん食べてるんだろうなあ…。

そういやボク、朝ごはん食べてないやっ…!

(その2につづく)

あばれはっちゃく無理すんな

遥か 遥か彼方にゃオホーツク 紅い真っ赤なハマナスが
海を見てます 泣いてます

sihatu.jpg

あれは去年の4月頃だった。

あの唄をきいて、ぼくは突然海がみたくなり
新宿から房総行きの列車にとび乗ってしまったのだ。

「駅員さん… この辺の海に… ハマナスの花はありますか…?」
「ハマナス? ああ…あの紅い…。 それならあそこに…」

komaeki.jpg

節子、それハマナスやない。
地下女将軍や。


ええ、海どころか、背景に山が見えてますよ。

去年の4月どころか、つい先日の話、〆切も無事クリアしたってことで
日頃の運動不足解消に、またまた始発に乗って、山登りに行ったのでございます。

なにせ、仕事やら風邪で寝込むやらで、3ヶ月くらいまともに外を歩行していないので
「アルプスの少女ハイジ」のクララと競歩したところで、半周も差を付けられて負けるぐらいの
筋力ダウンの情けなさですよッ!! その姿に、ペーターも男泣きですよッ!!

そんでもって、西武線は高麗駅あたりに「物見山」という、標高300mくらいの
レトルトカレーでいえば「甘口」みたいな山があるっていうので
リハビリもかねて、歩行訓練ハイキングにゴーでございます!!

でもねえ… またウヒョ助さんの悪い癖が出てしまいまして。

ハマナス、いや、高麗駅にそそり立つ奇怪なモニュメントを
車窓から眺めておりまして、ここで急いで降りなきゃいけないのに

「かつてヒマラヤの8000mの山々を登り尽くした、このボクが
 幼稚園児も登れる山なんぞに登って喜んでいいものかね、ヒラリー君ッ!?
 エベレストの山頂で、オクラホマ・ミキサーを踊ったこのボクがああああああああーッ!!」

と、よせばいいのに、降車拒否ですよ。
いつもの自分を見失うビョーキでございますよ!

ここから地獄の始まりですよォオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーッ!!

shomaru.jpg

早朝6時50分。
秩父山塊の麓、正丸駅に下車。
平日のこの時間に、こんな辺境の地に降り立ってるのは、ボクふくめて3人。

どうやらこの駅から「伊豆ヶ岳」という、標高851mの手頃な山に取り付けるらしい。

手頃って言ってもねえ…。
実際、標高300mの丘でも、まともに歩けるか怪しい、ボクの運動不足っぷりですよ。
それを確かめるべく、この日の登山の計画を立てていたはずなのに
情報もまったくない秩父の山の麓に立ち尽くし、コースもよくわからぬまま登山開始でございます。

izuga.jpg

「正丸峠まで登って、そこから伊豆ヶ岳! さらに子の権現まで歩くのが私のいつもコースですよ!
 体調よければ、飯能駅まで歩いて帰っちゃうんだから! 私こう見えても67歳ですよ~?」


登山口で挨拶を交わしたのが運の尽き、地元の登山好きのオジイちゃんからずっと話しかけられ続け
気がつけば一緒に登山道を歩きつつ、オジイちゃんの67年間の半生を聞かされるハメになるボク。

山で登山客とすれ違うたび「こんにちはー!!」と挨拶せねばならない、あのマナー。
あれが苦手で、つね日頃、誰も山に来ていない夜明け前に登るようにしていたボクですから
これはもう、最悪の展開ですよ。

「いやあーお父さん、体ひきしまってますもん! あと20年は登れますよ!」
「うむ、これが医者に見せたものならね、どこも悪くない、たいしたものだって言うもんでねぇー!」
「ほーう、食事とかも、やっぱり気をつかってらっしゃるんですか?」

くっ…!よせばいいのにッ…!!
職業柄のサービス精神なのか、単なる沈黙恐怖症なのか
うっかりボクが言葉を返せば返すほど、オジイちゃんが会話ノリノリ、ヒートアップが止まらない。
ここから、オジイちゃんの朝、昼、晩の献立メニューを聞かされるハメに。

足腰の強いジジイに歩調合わせているもんだから、早々にバテ始めるワタクシ。

「ここから分岐だけど、キミどうする? 私はこっちの距離は長いけど、楽に歩けるコースを選ぶけど。
 そっちは山道が急だからしんどいよ~? 沢登りだから、足下危ないし。」

「あ…いやあ~~~。で、でも沢登り、面白そうだなあ…!
 ボク久々の山登りなので、大変でもチャレンジしてみよっかなぁ~~~…?」

「そうかい頑張ってね、正丸峠でまた会おうや!」

sawa.jpg

会ってたまるものかと、沢沿いの道を足早に登るボク。
あっちが遠回りしている間にサッサと正丸峠での途中休憩も、華麗にスルー。
伊豆ヶ岳の山頂を目指し、足の筋肉がパンパンになっているのも我慢し、どんどん登り続ける。

山頂が近づいて来た時には、ただ立っているだけでも、ふくらはぎに激痛が走る、最悪のコンディション。
完全にペース配分をミスってる。
でもワシは、あのジジイを振り切る必要があるのじゃ!
さもないと、奥さんとの馴れ初めから、93歳のお母様の人生まで聞かされる
そんなネバーエンディングストーリーが待っているじゃないかあああああああああああーッ!!

izutop1.jpg

そして伊豆ヶ岳、登頂。

「ここから次に目指すは、天目指(アマメザス)峠だな! その先に子の権現だ!
 なあに山5つくらい、登り降りしたら着いちゃうからよう~♪
 お兄さんも、もちろん一緒に子の権現に向かうだろ?」


うわぁあああああああああああああああああ!!
団塊の世代はワープを使えるのかぁあああああああああああ!!

すでに山頂で、山火事を恐れずにタバコをくゆらすジジイが、ボクに手を挙げてニヤリ。

くっ…下山したい…!
このまま、正丸駅に戻って、家に帰り、風呂入って
お母ちゃんの作ってくれた、スネ肉のビーフシチューを食べて寝たい。
わしのスネが、ふくらはぎが、三日煮込んでもカッチカチなくらい、石化しとるのじゃッ!!

せっかくの山頂でのロケーションが、涙でゆがんで見える。

izutop2.jpg

ここから強制的に、次の峠を目指す縦走がスタート。
急なアップダウンが延々と続き、リハビリどころかすでに苦行、ヒザがすでに限界ガクガクですよ。

足のふんばりが効かないから、急な坂道でそのまま何度も崖を転がり落ちそうになるのを
90年代トレンディードラマのキムタクよろしく
女優さんを背中から抱きしめるがごとく、木に必死にしがみつきながら進む。

「峠で先に待ってるからさ! そこから一緒に子の権現まで行こうや!
 ここまで来て、子の権現の巨大ワラジ見ないなんて言わせないぞう! アッハッハ!」


殺す気か。

クマ鈴をチリンチリン鳴らしながら先へ進むジジイの背中を
途中で休憩した、高畑山の山頂で作り笑顔で見送りつつ…

姿が消えたと同時に地面にヘタリこみ、ケツまでひびく筋肉痛の苦痛にうめく。

アカン、次の峠まで、あと山道を8キロ…!
足は動かない。このままここで泊まるか…? 秩父の山のど真ん中で…!
ここで凍死したら、ボクの慰霊碑なんかが建つのじゃろうか?

それはあまりにカッコ悪いので、ジジイの捨てていったマイルドセブンの吸い殻を拾いつつ
足をひきずるように、歩行を再開。

そして
早朝、山歩きをスタートして、なんだかんだで5時間経過。

amae.jpg

天目指峠の休憩所(屋根とベンチがあるだけ)に到着。

ちょっと先の案内看板前で、おそらくボクを探しているジジイのクマ鈴の音が聞こえるが
休憩所の死角に隠れ、なんとか見つからずにやり過ごす努力をする。
見つかったら、さらに先へ進まされる事になる…!!

鈴の音が遠く小さくなってきたので、こっそり峠の道を使って下山しようと決断。

峠の下り道は2つ

どっちかが、西武線の駅がある方面に下山する天国コース。
どっちかが、反対側の秘境に降りる地獄コース。

案内板を見ればすぐわかるのだが、ジジイに見つかるとやっかいで、確認に行けない…!

しかし、ここは自分の運を信じて
ジジイが鈴を鳴らしている反対側の道を、いちかばちか選び、生死を賭けたダッシュ逃げですよ!

さらばジジイーッ!!!
なんだかんだで楽しかったぜ、ボクが生きていたらまたどこかで会おう!



…そして、1時間後。

見事、地獄コースを選んだ事に気づき、聞いた事もない、バスも通ってない集落の軒先で
死んだように倒れている、ボクの姿があったとさ。

おしまい。

izugamap.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。