スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の初登山!

読み切りの依頼原稿がアップしたので、やっとこさの初登山でございます。
運動不足で、こんなにプクプク脂肪を貯めて、山なんて登れるのかしら?
ていうか、なんでたった20ページの原稿に、こんな時間かかってんだよ。

ともかく、かつてはヨーロッパ三大北壁のひとつ
グランドジョラス・ウォーカー稜を
アイスパイルとピッコロ大魔王のフィギュアを両手に
単独で登り切ったウヒョ助さんですが…

ブランクが長すぎたため、いつもの近場、『高尾山』からスタートです。

takao1.jpg

朝7時過ぎ、高尾山口に到着。
朝早いのと、天気が悪いせいか、ご老人登山客が5、6人くらいしかおらず
皆さんメジャーな1号路から登ろうとしていたため
ウヒョは人があまり登らない6号路から登ることにする。

苦手なんだよね、人がいるところを一緒に登るの。
挨拶とかテレちゃうし。

人気のない6号路を選んではみたが、とにかく暗くて静かで怖い。
後悔。泣きそうだ。
しまった。やはり1号路でジイさんバアさんの後を追いかければ良かった。
高尾山って、霊山だからオバケ出るんだよね。自殺者も多いし…。

takao2.jpg

案の定、心霊写真ですよ。

6号路の中腹で、休憩がてらにカメラのシャッター切ったら
霧なんかないのに、なんかモクモクしたもんが映りやがった。
もちろん山中でタバコ吸うようなバカなマネはしない。

くそっ! 誰だ、デジカメじゃ心霊写真映らないなんて言ったヤツ!?
何かいるのはわかってたけど、あえてわざわざ見たくないんだよ、そんなもん!

もうね、ダッシュですよ…。
とにかく早く人の姿が見たい!

takao3.jpg

だけど道が悪くて、なかなかスピードは上げられない。
たまにウグイスが可愛い鳴き声を聞かせてくれるのが、せめてもの救い。
登山路がところどころ湿ってすべるんだけど、そこはウヒョの買ったばかりの登山靴。
しっかりグリップが効いておりやんす。

ていうか、頂上マダ!?



takao4.jpg

やっとこさ高尾山頂上でございます。

なんか脅えて急いで登ったせいか、かなり早くついたような。
登ってる最中は、まだかまだかと、すっごい時間が遅く感じたけど。

頂上、やっぱり人がいない。
目の前をジイさん二人くらい歩いてるんだけど、ザック背負ってないので
山の管理者か、もしくは亡霊と思われ。

ここで、熱いコーヒーと、カロリーメイトで燃料補給。


takao5.jpg

頂上からの眺めでございます。

天気が悪くて、富士山なんか見えないどころか
漫画家としての明日も見えない有り様。


takao6.jpg

正直疲れ切ってアカンかなと思ったんだけど
まだ時間が早いし、頑張って、隣の『子仏城山』まで縦走することにした。
あとでやっぱり後悔したけど…。


takao7.jpg

縦走途中で、雨が降ってきやがった。
昼から弱い雨が降るとは聞いていたが、ちょっと早すぎる。
まだ9時だぞオイ。
でも身体は熱くほてっているので、ちょっと雨が気持ちいい。
このあたりで嫁からメールが入り、こんな山奥で電波が届く事にビックリ。


takao8.jpg

子仏城山の頂上でございます。

もうここまでくると、登山客がウヒョしかいない。
ここはナメコ汁が美味しいらしいが、店なんかやってないし、半分店が朽ちている。
すごくさみしいんだけど、この孤独感が登山の醍醐味。
チンコでも出して、踊り狂ってやろうか。
などと1人ニヤニヤしつつ、ゴミなんか拾ってるウヒョ助。

takao9.jpg

いや、一人じゃなかった。

ふと横から声をかけられ、振り向くとニャンコ様がいらっしゃる。
1本残しておいた行動食のカロリーメイトを半分こして、一緒に食べる。
なぜか敬語でネコに話しかけているウヒョ。
いや、おそらく、この山の神様だし。


takao10.jpg

さて、このまま、景信山、陣馬山へと縦走してもいいんだけど
間違いなく途中で死んじゃうので、相模湖の方へ降りることにした。
でもここから下山するまで2時間くらいかかるらしい。

どうせ死ぬなら下界に近いところで死んだ方がいいと思うので
がんばって下山することに。
ニャンコ様に「んじゃ失礼しますぅー」とヘコヘコ頭を下げながら下山路へ。


takao11.jpg

2時間はかかんなかったけど、強くなってきた雨に苦しめられながら
なんとか人里へと降り立つ。
ヒザがもうカクカク笑ってやがる。
ていうか、すんげえー怖かった。6号路よりも暗いんだもの。


人里に降り立った瞬間、スクーターに乗った地元のオジサンから
「もう降りて来たのかい! 早いねえー!」と笑顔でホメられる。
HPはすでに1ケタだけど、すこぶる機嫌がよくなったウヒョ。
このままバスには乗らず、徒歩で相模湖駅を目指すことにする。


takao12.jpg

弁天橋からの眺め。
なんかスタートから今まで、どの風景もなんか微妙に怖い。
このあたりのダムって、沈んだ村なんだよなあ…。


takao13.jpg

雨が強くなりすぎたので、カッパに着替えつつ、休憩所で一服。
やっぱり誰もいない。怖い。


takao14.jpg

雨の中、延々と歩いて、1時間後、相模湖駅に到着。
のべ約10キロ。5時間の山行でございました。


で、案の定、今一歩も足が動かないわけですが。
体重2キロ減ってるし。


次は天気のいい日に、奥多摩に行きたいと思っております。



奥多摩って、もっと怖いんだよな…。
物の怪どころか、そこにクマがさらにトッピングされてるから…。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。