スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました

さらば8年住んだ羽城市。
(羽城市:タネダミキオの舞台の町、ていうかウヒョが住んでいた町)

ということで、前よりもだいぶ都心より。(でも区ではない)
アパート2軒借りていたのを、一軒家ひとつにまとめました。
もちろん売れない漫画家が新居を建てられるワケもなく、賃貸でございます。

やっと今日ネットがつながり、まだ荷解きもろくに終わっておらず
一息つけそうでつけない、フワフワした状態。
ああ早く落ち着きたい。
世間ではゴールデンウィークらしい。
なんだそれ、食えるのか?

090501_1143~01

食えるらしい。





引っ越し前夜、ウヒョは1人ダンボールに囲まれた部屋で眠り
早朝、ものすごい寒さで目が覚める…。

日中は暑くなると聞いたので、上着などはすべて梱包しちゃっているし。
でも引っ越し屋さんが来るので、早いとこ布団もしまわなくちゃいけない。

もちろん暖房なんてありゃしない。
せめて温かいものが飲みたいけど、お湯をわかすヤカンもしまっており…。
なにか食べたいが、食料もない。

まるで冬山で遭難して、寒さに震えてる登山者の気分。
お湯をわかす燃料もコッフェルもなければ、テントもツェルトもない、そんな感じ。


身体をこすりながら、荷物の点検。

うーぷす!
冷蔵庫の氷が溶けてない!
昨日しっかりコンセント抜いたはずなのに!

090430_0645~01

ウヒョが上京した時に買った、年代物の小型冷蔵庫。
長いこと放置していたので、霜が見事な氷柱に。
たった一晩じゃ溶けきらなかったらしい。
しかも、中の電線をごらんの通り、飲み込んで大きく育ってしまったご様子。

岩壁からはすでに氷は剥がれ落ちているが、飲み込まれたザイルがジャマで取り出せず…。
かといってザイルを切れば、冷蔵庫が滑落して死んでしまうし…。
放っておくと、引っ越しのサカイのお兄さんが、溶け出す氷の水分で凍症になってしまう。
手元には梱包し忘れた、サビついたニッパーのみ。
ザイルを切って楽になれということか…?


そこでウヒョの生死を賭けた選択。

『ニッパーでコツコツ氷を割る』


もうね、寒いし冷たいし、完全に冬山の遭難者。
アイスパイルで氷壁を削って、なんとかテラスを作ろうとしている、そんな状態。

ジュクジュクの霜なので、普通の氷のように、パリンパリン景気良く割れることもなく…。
しかもあまり強く打つと、電線が機体からブチ切れて、冷蔵庫死亡という最悪の結果も…。

コツコツ、ミリ単位で削って、数十分後になんとか電線救出。
窓の外は明るく太陽が輝き、ああ天候回復、あとは救助隊(引っ越しのサカイ)を待つのみ…!
ああ、ヘリの音が聞こえる…!!


いや、幻聴。
そんなことばっかりだった、8年間の最終日。


新しい町では、いいことたくさんあるといいな。

引っ越してきて、2日目。
いいことはまだ、ない。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。