スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不審者の青春

オス! オラ不審者!
立ち入り禁止の学校に、オッサンが忍び込んじゃうぞ!
高校球児の練習にだって、ハダカで乱入さ!
わーい、つかまえてごらん、アハハハハハ…

あ、やめてッ! 金属バットで場外に飛ばさないでッ!
あらやだ、宙に舞うこの姿、まるでイカロスの気分!!

yakuu.jpg

と、いうわけで、と。

いつもの漫画を描く前の、資料写真撮影でございます。

次は学園青春物を描くので(野球ものではありませぬ)
舞台のモデルにピッタリな学校を探し
当日いきなりカメラを片手に、アポなし突撃です。


電車に揺られてついたのは、なんてことはない
引っ越し前の家の隣町。
わあー懐かしいなあ…なんて感情があるワケもなく。
まだ半月もたっとらん。


その某学校の、裏門に大きく
『関係者以外、校内の立ち入り禁止 不審者注意!』
の注意書きが。

こりゃ手強そうだ。
でもまあ、このご時世そりゃそうだ。

しかし、10年前にカメラ持ち込み禁止の裁判所に突撃した時とくらべれば…。
警視庁の正門で、見張りの警察官の前で写真撮った時とくらべらば…。


などど今までの辛い単独取材を思い返し、勇気を持って正門にまわるが
頭の中では(こりゃダメだ、別の学校探した方がええかもしれん…)
と、あきらめモード。


正門に守衛さんの事務室があり、白髪のオジイさんが
近寄ってくるウヒョを窓越しに、すでに怪訝そうな顔で見ておられるわけで…。

「あー… すみません…」
「×××…?」

窓越しに声をかけるが、オジイさん、窓を開けようともせず、声も聞こえない。

「あのー窓開けてもらえません?」
「×××…?」

いっこうに椅子でふんぞり返ったままで、話を聞いてくれない。
ああ、この態度は、某埼玉県の消防署を取材した時の、広報のオヤジと同じ態度だ…。
漫画家は馬鹿にされるか、怪しまれるかのどっちかだもの。

あの時は最終的に、長い交渉の末、警戒されて写真を撮らせてもらえなかった。
くそう、オレに「大学教授」とか「朝日新聞」とか「美食倶楽部会員」とか
ハクのある肩書きがあれば…!


…などと黒い渦をヌルンヌルン巻かせながらも、何度目かのゼスチャーで
やっとオジイさんを大地に立たせる事に成功。
ススーっと、錆びた鉄枠の窓が開く。


「あ、あのです…ね、よろしければキャンパス内の写真を撮らせてもらえないかと
 許可を頂きに来たのですが~~~~~…(やっぱダメですよね?)」

「どうぞ」


ズコー

古き良き表現で言えばズッコケである。
拍子抜けとはこのことだ。

なんかくやしかったので、そのまま言葉に甘えればいいものを

「で、でも、胸につける許可証とかいりますよね? あと身分証明とか…」
「…別に?」
「あ、それじゃ、ここは近寄っちゃダメとか、撮影禁止の場所とかなどは…?」
「校舎の中には入らないんだよね?」
「そっ、それはもちろん! キャンパスの外観だけです!」
「じゃあ、ないよ」


終了。

外にあった記録紙に名前と時間を書き入れ、そのままフラーと敷地内へ潜入成功。
潜入もなにも、許可もらったので、堂々と歩いてパシャリパシャリ。
休日なので、部活動の生徒がわずかいるかどうかで、とても静か。
広大なキャンパスを、ウヒョ1人で冒険している気分。
これは楽しい!


校舎や学生寮、食堂や体育館などとまわりつつ
たまに通りすぎる生徒さんや職員らしい人に会釈したりするも
とくに声をかけられることもなく、完全にスルーされる。

あれか? 念のため、ヒゲそって行ったのが良かったのか?


金属バットの音と、陸上部のピストルの音が懐かしいグラウンドに降りてみる。
練習の邪魔にならないよう、ここでも遠巻きにパシャリパシャリ。


そんな時、ウヒョの様子を遠くから見ていた、一部の生徒たちの声が耳に。

「なんだろうね?」
「写真部じゃない?」
「ああ写真部か」


よし!
まだヒゲそれば、ウヒョでも10代イケるか!

ないない、それはない。
遠くからツッこもうかと思った。


なんだかんだで、300枚くらいデジカメに撮らせてもらって
守衛のオジイさんに「ありがとうございました」と声をかけ、脱出成功。


やっぱり帰りも窓は開けてくれませんでした。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。