スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つげ散歩で師匠に襲われ

つげ義春さんの作品でたまに登場する、調布のG寺。

天気が良かったので、ウヒョと嫁とムスメの親子3人
まるで「無能の人」で石を売りに行く、つげファミリーの気分で
そのG寺まで散歩に行ってきました。

080410_0716~01


G寺とは、どこか?

調布でイニシャルがGのお寺といえば
おそらく西調布の「ギムレットを体に吹きつけあいナインハーフ寺」か
布田の「ゴッサムシティのアゴ出しマスク寺」のどちらかだと思うが
たぶんきっと、深大寺(じんだいじ)のことだろう。

つげ先生の奥様、藤原マキさんの著書
「私の絵日記」によれば、深大寺には
古ぼけた面白い石仏がたくさんあるそうだ。
これはちょっと期待。

駅前からバスをのりつぎ深大寺に到着。
古く静かなお寺と描いてあったが、
なぜかジイさんバアさんの観光客がいっぱい。

さて、石仏はどこだ?

これ…なのか?

080409_1353~01


それとも、これか?

080409_1353~02


………。

080409_1357~01


どうやら数十年の月日の間に
つげ散歩の名所、深大寺は
つげ義春先生の師匠である、水木しげる御大に浸食されてしまった様子。

それはそれで面白い。

080409_1419~01


名物の深大寺そばなどを食らいつつ(野草天、美味い!)
嫁には「私もう石なんかいやだァ」と石を投げつけられ
ムスメには「母ちゃんがね、父ちゃんは虫けらだって」と言われ

080410_0747~01


駄目だ、馬が見ている。



スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。