スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の怪談 「踏み入れてはならぬ場所」

その中へ入るための、たった一歩。

その一歩が踏み出せない、怖い場所が世の中にはたくさんある。

TS380884001.jpg



かつて、台風で氾濫した多摩川河川敷にも、
熱中症で泡をふくマラソンランナー10数人が、床を埋め尽くしている救護所のド真ん中にも
タイ・カンボジア国境の、ポルポト残党がパキューンしてくる警戒地域にだって
漫画の取材ならば足を踏み入れたウヒョでございますが…

そんなウヒョがかつて、怖くて怖くて
近づきもできなかった場所がある。

それは…

渋谷の109だ。


まず、田舎者にとって、渋谷ほど怖いところはない。
その渋谷の象徴たる、109ですよ。
漫画家が渋谷の背景で、まず1コマ目に描く、あの109ですよ。

あの石をひっくり返したら、そこにはワラワラとダンゴムシのごとく
モデルさんのようなデラベッピンや、ギャル曽根、浜田ブリトニーなどがいるのである。
よく知らないが、いるに決まってる。
たぶんいるかと思う。いるんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。

とにかく田舎者のウヒョには場違いに感じて、渋谷の駅を降りるのでさえ怖いのである。
109なんてまぶしすぎて、とてもじゃないが、ウヒョごときでは50メートルも近づけない。

これを医学用語で
「北の国から'89の純くんシンドローム」
というらしいのだが
一言でいえば、ヒキコモリ漫画家の卑屈精神が生み出した
ちょっとしたナイトメアでございます。


そのバラモス城109にも、なんとか2年前
東京生まれの嫁の援護射撃により
入口から5メートルだけ侵入することに成功。

もちろんすぐにダッシュで撤収したが、
足跡を残した今、あの「渋谷109」もウヒョにとっては
「クレ556」や「六一〇ハップ」と変わらない。

もうウヒョにとって、怖い場所なんてないのである!



いや!

ある!

まだ一つだけ、のぞいてみたいが、怖くて近づけない場所がある!



『メイド喫茶』だ!


これは怖い。
どうやら家政婦さんが、雇用契約も結んでいないのに
いきなり「ご主人様」と呼んでくるらしいのだ。
しかもオムライスに血文字で「革命」とか書いてくるらしい。

いろんな妄想をふくらまし、恐怖でガタガタ震えていたところ
久しぶりにヘルプできてくれたアシさんが
「こちらスネーク、侵入成功!」と、一枚のカードをウヒョに見せてきた。

080724_1542~01


「な、なにそれ?」
「メイド喫茶の会員証です。」
「!!」
「田舎の友人が東京見学に来たので、僕も初めてだったんですけど…ええ。」
「すげえ! 冒険野郎マクガイバーみたいだ! こ…怖くなかったの?」」
「いやあ…怖いですよ。 その証拠に、会員証の裏を見てください。」

会員証を恐る恐るひっくり返すウヒョ。
そこには…

「うッ… うわぁあああああああああああああああーッ!!!!」


080724_1540~01


「帰りにメイドさんが絵を描いてくれたんですけど… なんスかね、その生き物?」




あるんですよねえ…こういう話。
ほら、あなたの後ろにもいるかもしれませんよ。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。