スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーの熊

ウヒョが心の底から尊敬する人は、3人いる。

漫画家、水木しげる先生。
ドキュメント番組「泣きながら生きて」で観た、父親の鏡、丁尚彪さん。
そして
登山家の山野井泰史さんである。

その山野井さんが先日、クマに襲われて大ケガされたそうだ。
しかも2匹に。

腕のケガがひどいらしいので
この先、まだ登山を続けられるかどうか心配でありながらも
ああ、やっぱりこの人は不死身だ、と感動してしまったり。


なんにしろ、クマは怖いのである。


「ねえねえ、おっきいテディベアのぬいぐるみ買ってえ~!
 アタシ、大きいクマさんに抱っこされるのが夢なのぉ~ゲヘゲヘゲヘ~」

などどのたまう娘さんがいたら、ぜひ北海道に連れてきてほしい。
ちょっと山の中に入れば、エゾヒグマさんと気軽に出会える。

山野井さんを襲ったツキノワグマよりも
テディベアのモデルになったアメリカクロクマよりも、体が大きい。
体長が2mを超えるクマさんだ。

抱かれればいい。


しかし。
実際はエゾヒグマに抱かれる夢より先に、食われて消化されてしまう。
能天気なアホっぽい娘さんでも、どこかのお父さんが大事に育てた娘さんだ。
食われてしまうのは、しのびない。


そこで、オススメのクマがいる。



medium.jpg

マレーグマだ。



この世で一番弱いクマ。
体長も1mちょっと。
ペットとして飼われているぐらい、おとなしい。
これならクマに抱かれる夢も叶えられるはずだ。


なに?

テディベアと違って、可愛くない?
むしろ、気持ち悪いだと?


バッカモーーーーーンッ!!

これを見てから言えーーーーーッ!!


080921_1316~01

マレーグマのぬいぐるみじゃあーッ!!


どうだ、この猫背の酔いどれオヤジみたいなフォルムを!!
テディベアなんかよりも数百倍も可愛いわいッ!!


080921_1315~01

見ろ! この焼酎4リットルぶっこんで、すっかりできあがったような、
アンニュイなオヤジフェイスをッ!!
これぞマレーグマだッ!!
違うッ!! 
「北の国から」の五郎さんじゃないッ!!


多摩動物公園で売っております。

あまりにもウヒョのツボに入ったので、
ムスメが手に取ったオランウータンのぬいぐるみをひきはがし
「買うのはこれじゃあーッ!!」と、自分のために買ってしもた。

ちなみに、これ一番小さいサイズのマレーグマで
もちろん、巨大マレーグマのぬいぐるみも売っている。


恋する殿方さんたちは、巨大テディベアを欲しがってる目当ての娘さんに
ぜひ、こいつをプレゼントしてやって

「わぁ~い♪ おっきいテディベッ…
 あ、あれ…? なんかこれ…」

と、怪訝な顔になっていくレディの顔を眺めていただきたい。



というわけで、
幼いころの雷電為右衛門が、マレーグマと闘っている「らいでん」の第1巻
発売中でございます。
どちらかというと、そちらを買っていただきたい…。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。