スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人に戻ったような胃痛

090213_2024~01

まだネームができてもいない頃、編集さんに「急ぐから何か適当に」と言われて
あわてて描いて送った予告カットを、さっき雑誌で見直しました。

苦笑い。
ウヒョはどういう精神状態でこの顔を描いていたんだろう?


でもまあ予告はあくまで予告ですので
変なキャラ絵が出てたり、掲載時にタイトルが変わっていたりなどは、よくあること。

ウヒョも今までに
最終回掲載と同時に、まだ構想も何もないまま新連載予告カットを描かされたり
原作をまだもらってないのに、主人公のカットを描かされたりなどなど…
漫画家さんなら一度は「んな無茶な」という予告カットを描いた経験があるはず。
予告カットを注目して見ると、意外と面白いかもしれません。


そんなことより。


あらためて、ウヒョの読み切りが乗る雑誌の
他の作家さんのラインナップを確認して
いやあ、もう。

あああ…

胃がキリキリと。



えっとね、ビッグコミックは
まだウヒョは一度も描いたことのない雑誌なんだけどね。

いつもなら、初めてお邪魔する雑誌には
どこの雑誌にも必ず、自分が子供の頃に読んでいたような
憧れの大御所の漫画家さんや、超人気作家さんがいて
「おおおおお、この先生と一緒に掲載される日が来ようとは!」
などと、感動したり、はしゃいだりできちゃうものなのですが…。


だめだ。
きつい。
ビッグコミック。

この作家陣の威圧感。


ゴルゴ13 ‐ 作・画:さいとう・たかを
総務部総務課山口六平太 ‐ 作:林律雄、画:高井研一郎
黄金のラフ~草太のスタンス~ ‐ 作・画:なかいま強
築地魚河岸三代目 ‐ 作:鍋島雅治、画:はしもとみつお
太陽の黙示録 ‐ 作・画:かわぐちかいじ
ダブル・フェイス ‐ 作・画:細野不二彦
宗像教授異考録 ‐ 作・画:星野之宣
華中華 ハナ・チャイナ ‐ 作:西ゆうじ、画:ひきの真二
クルーズ -医師山田公平航海誌- ‐ 作:矢島正雄、画:菊田洋之
上京花日 ‐ 作・画:いわしげ孝
赤兵衛 ‐ 作・画:黒鉄ヒロシ
C級さらりーまん講座 ‐ 作・画:山科けいすけ
五月原課長のつぶやき ‐ 作・画:中島徹
銀のしっぽ ‐ 作・画:森真理
水木しげるの遠野物語 - 作・画:水木しげる、原作:柳田國男
獣医ドリトル ‐ 作:夏緑、画:ちくやまきよし
中春こまわり君 ‐ 作・画:山上たつひこ

(wikiより転載にて、敬称略すみません)


いや、ダメでしょ。
ウヒョがこの中にまぎれ込んだら。

あのね、山田洋次監督の映画に
何かの手違いで、子役にどこかの中学校の
ヒラ演劇部員が出演することになっちゃったとしますよ。

舞台に上がって、まわりを見まわしたら
三国連太郎、緒形拳、役所広司、西田敏行、吉永さゆりという面々。

怖いでしょ?
普通の中学生なら、ビビって泣くでしょ?
帰りたくなるでしょ?

うん、正解。

それ。
そんな感じ。
今。
予告をあらためて見て、胃痛。

しかも、まだ原稿アップしてないの。
編集長にネーム見てもらったのも、つい10日前だし。


(…逃げるか?)


いや、でもね。

ウヒョが掲載される号のラインナップを見たらね
思いもよらなかった、すごくスペシャルなお方の名前があったの。
うれしくて、ビックリして、涙出そうになった。

マジで奇跡。


もちろん、尊敬して愛読してる水木先生や星野先生、皆様方と
一緒に掲載されるってことは、胃痛になるほどすごい出来事なのですが…




あのね。

「業田良家先生」

そのお方の、お名前がそこにあったのですよ。




うわあああああああああああああああああーっ!!
胃痛レッドゾーンッ!!


執筆されてる作品が、シリーズ連載で不定期なので
まったく予想しておりませんでした。



ウヒョが今、漫画家として生きているのは
業田良家先生、この方のおかげなのです。



今より13年前、ウヒョ助20歳。

高校も辞めて、ブラブラしてた頃ですよ。
やることないからと、お遊び&宝くじ感覚で
初めてインクで描いた原稿を、ヤングマガジンGAG大賞に送った、あの日。

うっかり大賞受賞。

審査員はベテラン漫画家さん4人と編集部。

ウヒョが後から聞いた話では
他の漫画家さんや編集長がそろって『ボツ!』と落選を言い渡したのに
たまたま持ち回りで、その期の審査委員長だった業田良家先生1人が
「こいつは才能ある」という鶴の一声で
ウヒョを大賞に推してくれたのだそうです。


そう、業田先生のせいで、いや、おかげで
才能あるとカン違いしちゃったまま、ついつい今日まで
漫画にしがみついて来てしまったわけでして…。
20代の時期を、まったく遊ばず漫画に費やして…。

あの時、落選してたら
「やっぱりねー、そりゃ漫画家になるなんて無理だアハハ」と
あっさり簡単にあきらめてましたよ。



業田先生ーっ!
たぶん僕なんか覚えてないでしょうけど
こんなに小粒に育ちましたーっ!
ごめんなさーいっ!
同じ誌面に載れる日がきて、もう漫画家やめてもいいくらい
嬉しいですっ!



というわけで、逃げずに頑張る…!
なんとか…うん。

デビューから13年。
33歳。
ド新人の頃のように、恥をかいて、初心にかえる良い機会かもしれません。


090213_2022~01

スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。